地元の熱気漂う石垣島の公設市場

 

 

石垣市の公設市場のある場所、通称「ユーグレナモール」。以前は「あやぱにモール」と呼ばれていました。100店舗以上の飲食店やおみやげ店が軒を連ねる、石垣島の中心商店街で、日本最南端にある商店街でもあります。

パインにマンゴー、ドラゴンフルーツ、パッションフルーツ。カラフルな色彩と甘い香りの漂う果物や沖縄ならではの鮮魚にお土産物まで、さまざまなものがごったがえしながら軒先に並んでいます。スーパーには無い、市場ならではの熱気ムンムンです。食料品以外にも、カフェはもちろん、お安く宿泊できるゲストハウスなどもあります。

「あおさ、どう?おいしいよ」 とつぜん軒先のおばあから声をかけられ、ビニール袋一杯のあおさをお買い上げ。「ぼうや、かわいいねえ。いくつ?これ、どうぞ」と、おやつをもらった子どももご機嫌に。こんな風に、地元の人との交流をたのしみながら、お買い物のできる場所です。アーケード街なので、雨の日にもおすすめです。

--
■ユーグレナモール(旧あやぱにモール)
住所:沖縄県石垣市大川208番地
アクセス:石垣離島ターミナルから徒歩5分。石垣空港から車で10分。
地図:Yahoo!地図情報
HP:http://euglenamall.jp/
ブログ:http://ameblo.jp/ayapanimall/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。