フランスの若き新星が待望の登場

待望の「メゾン フランシス クルジャン」が発売されます。海外の事情に詳しい方は待ちに待ったと喜ばれていることででしょう。

彼は実は伝説的な逸話の持ち主。ISIPCA(International Perfumery School)を卒業するときに制作した作品がなんとジャン ポール ゴルチエの名香「ル マル」だったというくらい才能に溢れている人物。そんな彼が2001年にオーダーメイド専門のフレグランスのアトリエを開き、2009年には「メゾン フランシス クルクジャン」をオープン。ようやく日本では2012年の9月から伊勢丹新宿店で先行発売されることになりました。

一体、どんな香りなの?

香水

メゾン フランシス クルジャンの男性用。ルミエール ノワール プール オム オートドトワレ

男女のシェアフレグランスが6種類、メンズ2種類、レディース6種類と豊富なラインナップ。フレグランスの他にもキャンドルやルームフレグランスもあります。その中でもガイドが特にオススメなのが、メンズ用のフレグランスの「ミエール ノワール プール オム オードトワレ」です。

ブルガリア産ローズに、ロシア産クミン、セイロン産シナモンといったスパイス類、そして最近再注目を集めているパチョリ、マグワートなどを採用。名前はフランス語で「ルミエール(光)」と「ノワール(闇)」という相反する2つを意味しています。たしかに、各々がせめぎ合うようで、でも、きちんと調和した不思議な香りに仕上がっています。

たとえばやわらかく優しいローズが光であるとすれば、重みがあり、落ち着いたパチョリは闇でしょうか。この意外な取り合わせはやはり天才のなせる技。とはいえ、9月12日に伊勢丹新宿店にて先行発売されるので、もうしばしお待ちを。

DATA
ルミエール ノワール プール オム オードトワレ
容量:70ml
価格:1万5750円
香調:シプレー ウッディ フローラル
調香師:フランシス クルジャン
問い合わせ先:ブルーベル・ジャパン香水・化粧品事業本部