ワードローブ計画を立ててからパッキング

ワードローブ計画

旅にいつも持参している手帳に、ワードローブ計画も立てて書き込んでから準備を始めると、後がとても楽

必要な分の洋服を持参したつもりでも、結局着ないまま持ち帰る服があったり、TPOや気候に合った服がなくて困った、という経験は誰にでもあるのでは? 旅先で快適に過ごすためにも、まずはファッション計画を立ててからパッキングにとりかかりましょう。

写真はガイドが旅の前に立てているワードローブ計画帳。旅先の天気や温度をネットで調べ、旅先での予定に合わせてあらかじめ何を着るかを決めておくのです。例えば海外のツアー旅行にディナークルーズや劇場鑑賞などのオプションがあれば、ドレスアップの必要があります。自然や遺跡の中を歩くなら、動きやすい服も必要。全部を持っていくのは大変ですから、初日の観光の時に着た綿のワンピースに、ショールとパールのネックレスを合わせて、ミュールも持参……といったように、着回しを工夫して持参する服の数が増えすぎないように計画します。

計画帳があると、旅先で朝の準備をする時にも、てきぱきと動けて楽。旅の工程を考えながら、ファッション計画をたてる時間も、旅の一部。事前にこうした計画を立てておくことが、パッキングや準備の時短にもつながりますよ。

次のページでは、こうして決めたワードローブを、しわをつけずに上手にパッキングする方法をお教えします。