蔦温泉旅館とは

蔦温泉 蔦温泉旅館は、八甲田を代表する秘湯の宿です。十和田湖、奥入瀬渓流といった観光名所に近い上に、宿の裏には蔦沼という新緑と紅葉の名所もあり、八甲田の大自然を満喫できます。
蔦温泉 蔦温泉旅館「泉響の湯」

蔦温泉旅館を代表する浴場「泉響の湯」

蔦温泉旅館は正面に大正7年建築の本館があり、古くからの「久安の湯」とともに古風な秘湯の風情満点です。本館を中心とした古風な蔦温泉旅館の良さについては、別記事「蔦温泉旅館!足元湧出温泉は泊まりがお勧め」を参照願います。昭和63年建築の西館もあり、蔦温泉旅館には秘湯ながら近代的な宿の側面もあるのです。

今回は西館の食事や客室、宿泊者専用の有料貸切風呂など、秘湯ながら快適な蔦温泉旅館の近代的な宿の側面を紹介します。

蔦温泉旅館で温泉満喫

蔦温泉旅館では「貸し切り風呂」まで足元自噴。有料ながら宿泊者専用なので、泊まった時は是非利用したい

蔦温泉旅館では「貸し切り風呂」まで足元自噴。有料ながら宿泊者専用なので、泊まった時は是非利用したい

蔦温泉旅館には男女別の「泉響の湯」、男女交代制の「久安の湯」があり、いずれも湯船の中で温泉が湧いている、日本でも貴重な足元湧出温泉です。

実はもう一箇所、宿泊者専用の有料貸切風呂があり、ここも足元湧出温泉なのです。一つの宿に足元湧出温泉が4つもあるなんて、本当に凄いことです。しかも、宿泊者専用で有料で貸切利用できるのですから、温泉好きなら一度は利用してみて頂きたいと思います。チェックインして直ぐに申し込み、明るい内に利用するのがおすすめです。

貸切風呂は「久安の湯」に隣接してあり、施錠されているのでフロントで鍵を借りて入ります。宿泊者専用ですから、料金は部屋に付けておくことが可能。オール木造の美しい脱衣場はトイレ付きで、脱衣場を見ただけで感動してしまいましたが、浴室を見てさらに感動できました。

こぢんまりとした浴室ですが、足元自噴の温泉が勿体ない程溢れ出ている様子は、温泉好きであればある程、感動してしまうに違いありません。その極上の湯を貸切で満喫できるのですから、温泉好きとして最高の贅沢を実感できます。源泉名に「家族風呂」と書かれた独自の分析表も掲示されており、足元湧出温泉ですから最高にフレッシュな湯に違いありませんが、さらに一層良い湯のような気がしてしまう程でした。

蔦温泉旅館で美食を満喫

蔦温泉旅館 西館の夕食

蔦温泉旅館 西館(新館)の夕食は秘湯とは思えない充実度

蔦温泉旅館は秘湯としては料理が良い事で知られており、さらに連泊すると料理が変わるだけでなく、一層良くなると口コミやブログでも評判になっています。

夕食の写真だけ見たら、秘湯の宿とは想像できないと思います。しかも、上質な刺身まで出ているのがいいです。山奥の宿では刺身は出すべきではないと言う人もいるようですが、私はそうは思いません。特に蔦温泉は昔から八戸の人の利用が多かった温泉という歴史的経緯があるのですから、港町八戸の海の幸が出てきて当たり前。当然出すべきだと思うのです。

写真は昔の西館の夕食ですが、その後、経営が変わりました。しかし、料理が良いという評判は、当然守られています。秘湯では料理が期待出来ない場合が多いものですが、蔦温泉なら大丈夫です!

蔦温泉旅館で滞在を満喫

蔦温泉旅館 西館(新館)客室

蔦温泉旅館 西館(新館)の客室は非常に快適

蔦温泉旅館 西館(新館)廊下

蔦温泉旅館 西館(新館)は廊下も風情がある

蔦温泉旅館の西館客室は、秘湯とは思えない美しい客室です。十畳間に広縁が付いた余裕のある間取りに、窓から八甲田の緑望める落ち着いた雰囲気。もちろん、エレベーターも完備しています。近年リニューアルが行われ、西館3階客室は一層豪華になりました。さらに美しい特別室も3室誕生し、秘湯ながら名実ともに高級宿の仲間入りを果たしています。

遊歩道に面した客室だったのですが、小雨の中、傘を差して蔦沼を目指す人が多くて驚きました。昔泊まった時に、雨天を理由に行くのを断念したのですが、多少の雨では断念しない人がこんなに多いと知り、ちょっと反省しました。蔦沼は本当に良い所なので、天候に恵まれれば絶対に行っておきたい観光地です。宿を正面に見て、右側のビジターセンター前から道なりに行けば十分程度の散策で到着します。


蔦温泉旅館 詳細情報

■蔦温泉 蔦温泉旅館
住所:青森県十和田市大字奥瀬字蔦野湯1
電話:0176-74-2311
日帰り入浴:10:00~15:30 600円(混雑時は早期終了あり)
アクセス:青森空港、三沢空港から車で約1時間30分
地図:Yahoo!地図情報
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。