睡眠薬の「アモバン」を販売するサノフィ・アベンティス株式会社が、日本・アメリカ・フランスの3ヵ国で約7,000人を対象に、インターネットを使って睡眠や不眠に対する意識や行動を調査しました。

睡眠時間が短く、睡眠に対する満足度も低い日本

日本

欧米と比べて、日本はやはり違うな、という調査結果です

平日の睡眠時間は、アメリカやフランスでは平均7時間でしたが、日本では6.5時間で30分も短いことが分かりました。また、平日の睡眠時間が6時間未満の人の割合は、アメリカの12.5%、フランスの10.2%に比べて、日本では19.8%と多くなっています。これまでにも言われてきたように、日本は世界でもかなり睡眠時間が短い国です。

睡眠の質に満足している人の割合は、日本が44.7%、アメリカが59.4%、フランスが61.1%でした。日本人の睡眠に対する満足度は、アメリカ・フランスに比べてかなり低いことが分かります。また、睡眠の質に不満がある人の割合は、日本が36.0%、アメリカが34.1%、フランスが27.7%でした。どこの国でも3~4人に1人は、睡眠の質が悪いことになります。

一方、睡眠時間が長いからといって、必ずしも睡眠に満足している訳ではありません。アメリカでは7~8時間睡眠の人の68.9%、8~9時間睡眠の人の74.7%が睡眠に満足しています。フランスでもそれぞれ、61.4%と73.1%でした。

ところが、日本で睡眠に満足している人の割合は、7~8時間睡眠の人の53.0%、8~9時間睡眠の人の54.8%しかいません。日本人はアメリカ人やフランス人に比べて、睡眠に対する要求が高いのでしょうか? そうでなければ、日本では睡眠時間が長い人でも、睡眠の質が悪いのかもしれません。

日本人は昼間のパフォーマンスも劣っている

居眠り

夜の睡眠が良くないと、日中の活動にも悪影響が出ます

日中の眠気や集中力、気力・充実感に関しても、日本とアメリカ・フランスでは大きな違いが見られました。

  • 日中に眠気を感じる
日本:70.9%
アメリカ:56.0%
フランス:30.3%

睡眠時間が短く、睡眠に対する満足度が低い日本では、日中に眠気を感じる人が7割を超えています。逆にフランスでは約7割の人が、日中に眠気を感じずに生活しています。

  • 集中力がない
日本:17.4%
アメリカ:4.5%
フランス:9.7%

  • 気力・充実感がない
日本:22.2%
アメリカ:13.2%
フランス:13.3%

日中のパフォーマンスが低い人の割合は、アメリカやフランスに比べて日本では、かなり多くなっています。パフォーマンスが下がる原因はいろいろあると思いますが、質が良い睡眠を十分とれていないことも、その一つと考えられます。

睡眠薬よりお酒に頼る日本人

寝酒

寝酒よりも睡眠薬の方が安全です

不眠症状の対処法にも、お国柄が出ています。

  • 日本
1位:お酒を飲む 19.5%
2位:医師から処方された睡眠薬を飲む 13.7%
3位:特に何もしない 13.1%

  • アメリカ
1位:市販の睡眠改善薬・催眠鎮静薬を飲む 26.1%
2位:医師から処方された睡眠薬を飲む 19.2%
3位:医師の診察を受ける 18.6%

  • フランス
1位:市販の睡眠改善薬・催眠鎮静薬を飲む 20.8%
2位:医師の診察を受ける 19.9%
3位:医師から処方された睡眠薬を飲む 16.9%

日本では不眠症の対処法のトップは寝酒ですが、アメリカやフランスではベスト3にも入ってきません。アルコールを飲むと寝つきが良くなるのは確かですが、睡眠の質が悪くなります。また、眠るためにアルコールを飲んでいると、だんだんお酒に強くなって飲む量が増え、アルコール依存症になる危険もあります。

以前、テレビドラマなどで、睡眠薬を飲んで自殺するシーンがよくあったためか、日本人は睡眠薬に対して「怖い」というイメージを持つ人が多いようです。現在、医師が処方する睡眠薬は、指示通りに飲めばかなり安全です。不眠症状があって寝酒を飲んでいる人や、何もしていない人は、早めにかかりつけ医や睡眠障害専門の医師に相談してみましょう。医療機関で処方される睡眠薬を飲むと、約7割の人で不眠症状が改善しています。

【関連サイト】
「睡眠の質」への満足度 米・仏の6割に対し日本は4割止まり
日本人に多いナイトキャップ派 不眠解消、日本人は3割が寝酒
睡眠の質を落とさないお酒の楽しみ方


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で睡眠用品を見る

Amazonで睡眠グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項