半田素麺(はんだそうめん)とは?

半田素麺各種

半田素麺各種

半田素麺ってご存知ですか? 徳島県の特産品で、太く、コシのある麺が特徴。諸説あるようですが、一般的には三輪素麺で有名な、奈良県三輪市から、その製法が伝えられたと言われています。今回は、その半田素麺の専門店、東中野にある「阿波や壱兆」をご紹介いたしましょう!

麺に寄り添う出汁の味

前述したように、半田素麺の特徴はその太さ。それを引き立てる、こちらのツユは、鰹節や煮干し、干し椎茸などからとる、濃厚ながらもすっきりとした味わいに仕立てられています。

徳島県出身の店主、田中夏尾利(かおり)さんが子供の頃から慣れ親しんだ、母親の味だそう。そのため、煮干しなどもできるだけ徳島産を使用しているとのこと。
阿波や壱兆温めん(850円)

阿波や壱兆温めん(850円)

このツユと麺をシンプルに味わいたいなら、定番メニューの「阿波や壱兆温めん」(850円)をどうぞ。麺をすすれば、まず感じるのは、ツルリとした表面のなめらかさ。そして温めても損なわれない、ほどよいコシや弾力を奥歯に感じ、スッと抵抗なく喉を通る心地良さ。そして最後にはツユの風味が鼻から抜けて行きました。

醤油と味醂で甘辛く味を付けた豚バラ肉が、そのツユに一層力強さを与えています。定番メニューは他に「田舎ぶっかけ」(750円)、「ねぎそうめん」(700円)、「素そうめん」(600円)があります。

さて、お次は驚きの変わり素麺をご紹介!