アユタヤ発祥の麺料理クイッティアウ・ルア

アユタヤのおすすめランチと言えば、こちらも名物料理のクイッティアウ・ルアというヌードル。クイッティアウはタイの米麺、ルア(ボート)、ナムトック(牛の血を入れる)、と言う意味でその名の通り牛の血を入れたヌードルです。その昔、タイの交通手段の主流がボートだった頃、ボートの上で売られたいたのでこのような名前がついたのだそう。

わんこそばundefinedタイのヌードル

ヌードルの量が少い上、味も美味しいから何杯でも食べらそうな気がする!

一般的なクイッティアウと違うのはスープの色と量。スープの中に血が入っているので茶色っぽい濁った色をしています。血と言ってもちゃんとした食用のものですのでご安心を。血と聞くと少し食べるのを戸惑ってしまうかもしれませんが、まったく臭みもなくコクがあってとても美味しいスープに仕上がっています。

そしてもう1つ違うのは、専門店で食べると量がとても少ないということ。その理由は定かではありませんが、1杯の量が少ないので数杯注文するのが普通。日本でいうところのわんこそばのようなものでしょうか。ちなみに男性は平均して3~4杯、女性は2~3杯食べています。

このクイッティアウ・ルアは今やタイ人にとって一般的な麺料理となっているのでタイ全土で食べられますが、発祥の地は川に囲まれた街アユタヤ。アユタヤで地元の人に聞いたアユタヤナンバーワンの人気店はこちらです。

 

クイッティアウ・ルア パーレック

クイッティアウ・ルアundefinedヌードル

「血が入っているスープ」と聞くと食べたがらない人もいるけど、こんなに美味しいヌードル食べないなんてもったいない!

パーはおばさん、レックはタイ人のニックネームで「パーおばさんのクイッディアウ・ルア」という名前のお店。アユタヤ中心地でもあり観光のハイライトでもある遺跡寺院ワット・マハタートのすぐそばにあり、立地も良いためお昼どきは行列ができるほど賑わっています。また、バンコク行きのバス乗り場からも近いので観光客にとっても便利な場所。

クイッティアウ・ルアundefinedヌードル

ココナッツミルクとは違った種類のコクを感じるスープに仕上がっている

地元のタイ人曰く、スープに自分でナンプラーやお酢などの味付け(通常タイの麺類のスープは自分で調味料を加え自分流の味付けをします)をほとんどする必要がないほど、パーフェクトな味がすでに出来上がっているとのこと。確かにガイドもタイで麺類を食べるときには調味料で味付けをしますが、ここに限っては味付け無しのそのままのスープでいただきました(もちろん好みもあるので味付けしたい人はお好みで)。

1杯13バーツ(約36.4バーツ)。ガイドは3杯注文してちょうど良い量だと感じました。夕方には閉店してしまうのでランチにどうぞ。

<DATA>
■Kuithiaw Rua Paa Lek(クイッティアウ・ルア・パーレック)
住所:Hua Thanon Baanian, Naa Thoo Soo Thoo, Ayutthaya(バーンイアン通りの入り口、電話局前、という意味の住所)
TEL:081-813-9723
営業時間:8:00~17:00
定休日:無休