これをなくしてトルコ料理は語れません、サルチャ

サルチャ

このサルチャなくしてトルコ料理は語れません。ちなみに、トマトベースのパスタにも合います

ミニ・サルチャ

こんなに小さなサルチャならお土産にいくつか買えます

トルコ料理にはほぼまんべんなく使われているのが、サルチャと呼ばれるトマトペースト。トルコ人にとっては日本人の味噌的な存在で、トマト以外にパプリカのペーストもあり、用途や好みに応じて使い分けられています。野菜や肉の煮込み料理には必ずと言っていいほど使われているので、どんなスーパーでも種類はたっぷり。瓶入りが多く、重たいのが難ですが、最近ではテトラパック入りの小さなものも出ているのでこちらもおススメです。

 

変わったトルコスイーツがおうちでできる! スイーツの素

お菓子の素

トルコ伝統菓子シリーズも充実している

カザンディビの素

旅行中に食べたトルコスイーツが、日本でも楽しめるかも!

ドイツの製菓メーカー、ドクターオットケル(Dr.Oetker)を中心に、混ぜるだけですぐできるインスタントトルコスイーツの素が各種出ています。例えばアシュレ、カザンディビ、セモリナ粉のヘルワなど、トルコの代表的なお菓子がこれで自宅でも簡単に味わえるという優れモノ。一つ一つはとても軽い上のでお土産にもうってつけ。種類にもよりますが、1つ80~300円程度です。

 

滋養強壮にいいんです、ペクメズ&タヒン

ペクメズ&タヒン

トルコ人の朝食の友、ペクメズ&タヒン。上段左がタヒンで、右がペクメズの瓶

ペクメズタヒン

お手軽に試せるペクメズタヒンセット。別々に入っているので、新鮮な味わいを楽しめます

ペクメズとは、ブドウの生産が盛んなトルコで昔から食されているブドウペースト。煮出して作られるためとても甘く、滋養強壮にいいと言われています。タヒンはいわゆるゴマペーストのことですが、トルコでは朝食にこのタヒンとペクメズとを混ぜた甘いペーストをパンに塗って食べられることがよくあります。栄養もあるので離乳食としても人気のメニュー。確かにトルコのパリパリふわふわパンに塗ってみると絶妙のおいしさ!

瓶入り商品の多いペクメズやタヒンですが、スーパーには写真のようにプラスチックケースに二つのペーストが別々にパッケージされたお手軽セットが販売されているのでおススメです。さらに子供向けに始めから二つのペーストが混ざったものがチューブ状になっているものもあります。老舗ブランド、コスカ(Koska)の商品がおススメ。