男の子に片付けさせる「秘訣」

出しっぱなしが様になる工夫、ぜひ真似してみたい!

「出しっぱなし」が様になる工夫、ぜひ真似してみたい!


浮き草さんいわく「片付け=作業しやすい環境にすることを意識させる」のが、子供にお片付けさせる秘訣。確かに「部屋をきれいにする」というだけでは、男の子はなかなかテンションが上がりません。そこで浮き草さんは子ども自身に「片付けると自分が得するんだ!」と感じるよう誘導しているそう。例えば「床に散らばったパーツを踏んで壊したら悲しいけれど、きちんと整理しておけばパーツも探しやすいし作るときに便利だよ」……という風に。

さらに素晴らしいのは、お子さんなりの整理方法を大切にしていること。ときどきレゴの片付けで困っていることを尋ねると、「グレーが増えすぎて入らない」「このパーツをもっと細かく分けたい」といった要望が出てくるそうです。その場合はそれに対応する仕分けトレーなどを渡し、あとはお子さんに任せているとか。収納に対するニーズをきちんと聞くことで、お子さんも整理・分類に積極的になるとのこと。ついつい分類方法まで指示してしまいがちなガイドには、とても参考になりました。

レゴ作品にも、整理整頓の教えが活きているのかも?!

息子さんの作品。レゴ作品にも、整理整頓の教えが活きているのかも?!


もう一つ、とても感心したのが「収納の成功体験を大切している」こと。浮き草さん宅の最低限の条件は「寝る前までに落ちているレゴ類は全部拾うこと」だそう。だから、たとえ天板の上が山積みでめちゃくちゃでも、それはそれで最低ラインクリアということになります。

また、時間がない、どうしてもやる気がでない時のために「とりあえず放り込むだけ」という場所も設定。大掛かりな整理整頓は休みの日などに「お片づけ大会」と称して一緒に行い、イベント感を出しているそうです。あまり完璧を求めすぎないことで、子どもにもお片付けへの抵抗感が和らぐとともに、それが当たり前の習慣となっていくのかもしれません。

気になるブログはこちらから!
子供と遊ぼうレゴ日記

関連記事


>> 特集「今すぐ真似したい! 子供部屋インテリア実例」へ



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。