飾り棚で「子どもらしさ」をアップ

今すぐ真似したい、飾り棚テクが満載!

今すぐ真似したい、飾り棚テクが満載!


kinaさん宅の飾り棚は、子供らしい雰囲気を出すのにも一役かっています。IKEAの小物収納用品などを活用し、「見せるおもちゃ」と「隠すおもちゃ」をわけて配置。そのことでテーマカラーの青と白は崩さずに、バランスのよいカラフルさを演出しています。

三方を切りとり、壁紙をめくって穴あけ

三方を切りとり、壁紙をめくって穴あけ

ちなみに飾り棚などを取り付ける際、「壁紙が傷つく」「穴があく」ということを来にされる方も多いかと思います。kinaさんは、壁に穴をあけるときには必ず壁紙を一部めくっているそう。もしも飾り棚を外すことになっても、壁紙を元通りに貼っておけば穴はふさがります。壁紙の切れている部分も、近くでよく見ないと分からない程度に目立たないため、模様替えを頻繁にする人にもよさそうです。

飾り棚なら、絵本もより一層映える

飾り棚なら、絵本もより一層映える


飾り棚の一部には、青いポンポンを取り付けてキュートさを演出。上には見栄えのいい絵本なども置いて、子供らしさがより一層アップしています。せっかく買ったデザイン性に優れた絵本も、まだ早すぎるなどの理由であまり興味を示されないことがあります。そんなときに「絵本を飾る」というのはいいアイデアですよね。

帽子をとると、こんな感じ。色合いが壁紙にぴったり!

帽子をとると、こんな感じ。色合いが壁紙にぴったり!


飾り棚がない部分には、犬のしっぽをモチーフにしたフック(IKEA)を画びょうでとりつけ、帽子をかけています。帽子がなくても素敵ですが、帽子があることでより一層、子供らしさが演出されています。

子供部屋以外にも、目から鱗、憧れずにはいられない素敵な収納方法がたくさん紹介されているkinaさんのブログ、インテリア好きはもちろん、収納に悩む方も必見です。

気になるブログはこちらから!

*Happy life.*~私のマンションインテリア~


>> 男の子が3人でもキレイな子供部屋の秘密とは?