簡単に作れる!デコれる!フェルト製のフォトフレーム

身近な材料でオリジナルの写真入れがあっという間にできちゃう!

身近な材料でオリジナルの写真入れがあっという間にできちゃう!

小学校低学年の自由研究で特に人気があるのが工作。作っているときも楽しく、完成すれば実用的という作品が特に人気が高いようです。ここでは小学校1~2年生の女の子におすすめのフェルト小物の工作を、東京おもちゃ美術館をはじめさまざまな会場で手作りおもちゃの指導されている、おもちゃコンサルタントの磯崎雪江さんに教えてもらいました。

教えてもらうのはフェルトを使った「フォトフレーム」。女の子が大好きなかわいいデコレーションも楽しめ、出来上がったら自分のお気に入りの写真も飾れる優れものです。今回は、実際に小学1年生の女の子に作ってもらいながらご紹介します。
 

フェルト製手作りフォトフレームの材料・道具

材料は100円ショップでも揃えられます

材料は100円ショップでも揃えられます

■材料
フェルト、厚紙、ひも、透明のシート、フェルトのはぎれ
※ひもは、夏は麻ひも、冬は毛糸がおすすめ。リボンでもかわいい
※透明シートはクリアファイルを活用しました

■道具
はさみ、ボンド、クリップ、鉛筆、パンチ
※クリップはダブルクリップだとしっかりとまります
 

フェルト製手作りフォトフレームの作り方・手順

フェルトと厚紙の穴の位置が合っていれば、間隔は適当でOK!

フェルトと厚紙の穴の位置が合っていれば、間隔は適当でOK!

1.フレームのベース部分を作る
厚紙とフェルトをL版写真の大きさ程度に切り、長い1辺を1つ残した3辺にパンチで適当に穴をあけます。このとき、厚紙とフェルトをクリップでしっかりとめてあげるとやりやすいでしょう。
 
切りすぎないように見守ってあげましょう

切りすぎないように見守ってあげましょう

2.窓になる部分を作る
写真が見えるようにフェルトの中央部分を好きな形に切り抜きます。まず、フェルトの裏側に鉛筆で下書きをし、切り始めは大人が手伝ってあげましょう。




 
ハートに切り抜いてみました

ハートに切り抜いてみました

フェルトには洗えるもの洗えないものがありますが、洗えるもののほうが毛羽立たず、下書きがしやすいです。






3.フェルトと厚紙を縫い合わせる
 
縫い目がからまないようにゆっくりと!

縫い目がからまないようにゆっくりと!

フェルトと厚紙の穴の位置を合わせてクリップでとめ、端からひもで縫い合わせていきます。ひもの端をセロテープで巻くと穴を通しやすいです。





 
縫い上がったら壁掛け用のひもを結び合わせます

縫い上がったら壁掛け用のひもを結び合わせます

壁にかけるためのひもを少し長めに残し、最初の穴に2重にひもを通してクリップにはさんでから縫い始めましょう。







 

いっぱい飾りをつけて仕上げよう!

ボンドを使うときには手拭も用意してあげましょう

ボンドを使うときには手拭も用意してあげましょう

4.フェルトを好きな形に切って飾る
フェルトのはぎれを好きな形に切り、ボンドでつけて飾ります。フェルトには鉛筆で下書きをしましょう。
 
飾り付けができました!

飾り付けができました!

ビーズやボタンなどを飾ってもいいですね。

 
完成!undefined夏休みの思い出の写真を入れてね!

完成! 夏休みの思い出の写真を入れてね!

5.透明シートを入れる
中に入れる写真を保護するため、透明のシートをフレームより小さ目に切り、フェルトと厚紙の間に入れます。







撮影協力:東京おもちゃ美術館

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。