子供と一緒に簡単ダンボール工作おもちゃを手作り

ダンボールで工作できる野球盤やコマ、迷路、ミニカータウンの作り方を紹介します。子供に「おもちゃが欲しい」といわれたらお家にあるもので世界に一つしかないおもちゃを工作ましょう。小学生の夏休みの自由研究工作にもおすすめです。

Index
リズム感が勝負の昔おもちゃ「びゅんびゅんゴマ」
頭と手先を鍛える知育おもちゃ「ビー玉迷路」
パパが涙!?の不滅のゲーム「野球盤」
パパもほしかった夢の街「ミニカータウン」
 

リズム感が勝負の昔おもちゃ
びゅんびゅんゴマ

ダンボール工作びゅんびゅんゴマ

こちらのダンボール工作コマ完成品サンプルでは色紙で装飾しています。シールや色紙で自由に飾り付けましょう。

よく、お母さんやお婆ちゃんのお裁縫箱からボタンと糸を拝借して、ボタンに糸を通してびゅんびゅん回す遊びをしましたよね。実は、力加減とリズム感が要求される高度な遊びです。ダンボール紙とタコ糸を利用すれば簡単に作れます。

ダンボール工作「びゅんびゅんゴマ」材料

10cm四方のダンボール紙、タコ糸30cmくらいを2本

ダンボール工作「びゅんびゅんゴマ」作り方

1.ダンボールを10cm四方に切り取ります。(写真では大きく作っています)

 

1.ダンボールを10cm四方に切り取ります。(写真では大きく作っています)

 
2.うすく鉛筆で対角線を描いて、中心を定めます。対角線を3等分するくらいの場所に2カ所小さな穴をあけます。穴が大きすぎると回りにくくなるので注意しましょう。

 

2.うすく鉛筆で対角線を描いて、中心を定めます。対角線を3等分するくらいの場所に2カ所小さな穴をあけます。穴が大きすぎると回りにくくなるので注意しましょう。

 
3.30cmくらいのタコ糸2本をそれぞれの穴に通します。ダンボール紙をタコ糸の中心にくる位置にあわせて、その両脇にこぶを作り、ダンボール紙が左右にずれないようにします。

 

3.30cmくらいのタコ糸2本をそれぞれの穴に通します。ダンボール紙をタコ糸の中心にくる位置にあわせて、その両脇にこぶを作り、ダンボール紙が左右にずれないようにします。

 
4.2本のタコ糸の左右の長さ、が同じになるように端を結んで完成!

 

4.2本のタコ糸の左右の長さ、が同じになるように端を結んで完成!

 

ダンボール工作「びゅんびゅんゴマ」遊び方

左右のタコ糸の端をつまんで、10数回コマを回転させ、タコ糸をよくねじります。よくねじれたらタコ糸を左右に引っ張り、コマを回転させます。タコ糸が伸びきる前に力を緩めると、コマが逆に回転を始めタコ糸がねじれます。左右に引っ張るとまた回転します。これをタイミング良く繰り返せば、びゅんびゅんという音とともに勢いよく回転を続けます。

 

左右のタコ糸の端をつまんで、10数回コマを回転させ、タコ糸をよくねじります。よくねじれたらタコ糸を左右に引っ張り、コマを回転させます。タコ糸が伸びきる前に力を緩めると、コマが逆に回転を始めタコ糸がねじれます。左右に引っ張るとまた回転します。これをタイミング良く繰り返せば、びゅんびゅんという音とともに勢いよく回転を続けます。

 
>> 頭と手先を鍛える知育おもちゃ「ビー玉迷路」はこちら