「小柴胡湯」はどんな人・どんな症状にいいの?

image

自律神経の失調や、緊張やストレスなどで起こる気の停滞を、スムーズにする働きがある

胸脇が痛い・苦しい、食欲不振、むかつき、吐き気、げっぷ、胃腸虚弱、微熱などの症状に。

「小柴胡湯」の効果

胸脇苦満(胸脇が痛く、詰まった感じ)、食欲不振、腹痛、胃炎、尿量の減少、カゼ、インフルエンザ、中耳炎のほか、二日酔い、慢性肝炎、肝硬変、急性膵炎、胸膜炎、急性乳腺炎、睾丸炎、胃潰瘍などにも応用できます。

「小柴胡湯」に入っているもの

柴胡(セリ科の根)、黄ごん(シソ科の根)、人参(オタネニンジンの根)、甘草(マメ科などの根やストロン)、半夏(カラスビシャクの塊茎)、生姜(ショウガの根茎)、大棗(クロウメモドキ科の果実)

「小柴胡湯」が合わない人

消炎や解熱作用を高めたい場合は、桔梗・石膏や、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)を加味するといいでしょう。また、乾燥させる働きがあるので、カラダに必要な水分や血液が少ないタイプの長期使用は注意が必要です。

「小柴胡湯」の飲み方などの注意点

■飲む時間
一般的には食事と食事の間の空腹時、食事の前の30分前など、お腹が空で胃に吸収されやすい時期に飲みます。胃腸が荒れやすい人は食後、通便させるクスリは空腹時の服用を勧める場合もあります。なお、食間に飲み忘れた場合は食後でいいので、飲みましょう。

■「水」or「白湯」?
症状によって、冷たい水で飲むほうが効果的な場合(その反対も)がありますが、基本的には生薬を水で煎じた「煎じクスリ」の場合は、人肌に冷まして飲みます。生薬の有効成分を抽出して乾燥・加工した「エキス剤」の場合、お湯に溶かしたり、水と一緒に飲んでください。

「小柴胡湯」の副作用

インターフェロンとの併用は間質性肺炎を起こす原因のひとつに挙げられますが、はっきりとした因果関係はわかっていないのが現状です。漢方の見立ては証(体質)に合うことが第一です。ちょっとおかしいな、と思ったらすぐ服用をやめ、漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

「小柴胡湯」が買える場所

漢方薬局や病院、診療所、ドラッグストアなどです。
代表的な商品名:(アイウエオ順)
  • 一元 小柴胡湯 (一元製薬)
  • エスタック漢方「小柴胡湯」エキス顆粒 (エスエス製薬)
  • クラシエ 小柴胡湯エキス錠 (クラシエ薬品)
  • ショウサインS (小太郎漢方製薬)
  • ツムラ漢方 小柴胡湯エキス顆粒 (ツムラ)

「小柴胡湯」の漢方的メカニズム<中級者向けトリビア>

この方剤は、「半表半裏証(はんぴょうはんりしょう)」といって、カラダに悪影響を及ぼす要因である邪気が、体表ではなくカラダの内部に入り込み、胸脇などのカラダの側面や中部で正気と邪気が格闘し、悪寒と発熱をくり返したり胸脇に痛みを生じたりする症状を緩和する代表薬です。

消炎・清熱・化痰・止咳・化湿などの作用があり、胃腸の機能を補ったり、気の流れを整えたり、余計な水湿を取りのぞく働きも兼ねていて、加減方もたくさんあります。

■具体的な生薬の効能
主薬は柴胡で、滞った気の流れを整え、体内にこもった熱を冷まします。黄ごんは柴胡の働きを助け、炎症を抑えます。人参、半夏、生姜、大棗は消化機能を高めて気を補い、甘草がそれぞれの生薬の調和薬になっています。

「小柴胡湯」のおまけのエピソード

小柴胡湯の加減方はいくつもありますが、代表的なものを紹介します。まず大柴胡湯(だいさいことう)。本方の症状に、便秘や腹痛の症状がある場合にオススメです。また、小柴胡湯の半量に甘草をのぞき、竜骨、牡蛎、桂枝、茯苓、大黄などを加えた柴胡加竜骨牡蛎(さいこかりゅうこつぼれいとう)は、こもった熱を冷まし、精神不安や不眠などの症状に用いられます。

柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)も有名方剤です。小柴胡湯と桂枝湯の半量をあわせたもので、発熱や悪寒、関節痛などのカゼの初期症状とともに、みぞおちの痛みや吐き気をともなうような症状に適しています。