「柴胡加竜骨牡蛎湯」はどんな人・どんな症状にいいの?

イメージ

物事に敏感なタイプは、感情をつかさどる肝の機能が亢進しやすい

上半身に熱がこもりやすく、肝の高ぶりがあるタイプの精神不安、不眠、のぼせ、めまいなどの精神症状に。

「柴胡加竜骨牡蛎湯」の効果

精神不安、動悸、不眠、めまい、のぼせ、ヒステリー、ノイローゼ、更年期障害、てんかん、小児の夜泣きなどに。動脈硬化症、高血圧症、便秘、遺精などにも用いることができます。

「柴胡加竜骨牡蛎湯」に入っているもの

柴胡加竜骨牡蛎湯

画像提供:小島薬局

柴胡(セリ科の根)、黄ごん(シソ科コガネバナの根)、半夏(カラスビシャクの塊茎)、茯苓(サルノコシカケ科の菌核)、桂枝(クスノキ科のケイの若枝や樹皮)、人参(オタネニンジンの根)、大棗(クロウメモドキ科の果実)、生姜(ショウガの根茎)、大黄(タデ科ダイオウなどの根茎)、竜骨(大型哺乳動物の骨など)、牡蛎(マガキなどの貝殻)

「柴胡加竜骨牡蛎湯」が合わない人

精神不安の症状があっても、虚弱体質や肝の高ぶりがない人には効果的ではありません。

「柴胡加竜骨牡蛎湯」の飲み方などの注意点

■ 飲む時間
一般的には食事と食事の間の空腹時、食事をする1時間前など、お腹が空で胃に吸収されやすい時期に飲みます。胃腸が荒れやすい人には食後、排便をうながすタイプの漢方には、空腹時の服用を勧める場合もあります。なお、食間に飲み忘れたときは、食後でいいので飲みましょう。

■ 「水」or「白湯」?
症状によって、冷たい水で飲むほうが効果的な場合(その反対も)もありますが、基本的には生薬を水で煎じた「煎じクスリ」の場合は、人肌に冷まして飲みます。生薬の有効成分を抽出して乾燥・加工した「エキス剤」の場合、お湯に溶かしたり、水と一緒に飲んでください。

「柴胡加竜骨牡蛎湯」の副作用

胃腸虚弱、体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質などの場合、不快な症状が出ることがあります。ちょっとおかしいな、と思ったらすぐ服用をやめ、漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

「柴胡加竜骨牡蛎湯」が買える場所

漢方薬局や病院、診療所、ドラッグストアなどです。
代表的な商品名:(アイウエオ順)
  • 「クラシエ」漢方柴胡加竜骨牡蛎湯エキス顆粒 (クラシエ薬品)
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯細粒 (松浦漢方)
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯シンワ (伸和製薬)
  • ツムラ漢方柴胡加竜骨牡蛎湯 内服液 (ツムラ)
  • ロート柴胡加竜骨牡蠣湯錠 (ロート製薬)
     

「柴胡加竜骨牡蛎湯」の漢方的メカニズム<中級者向けトリビア>

胸脇が張って苦しかったり、のぼせやイライラ感がつのるような肝の高ぶりによる熱で、心身をかき乱されるような症状を鎮静、解熱する処方になっています。小柴胡湯の半量に竜骨、牡蛎、桂枝、茯苓、黄ごんを加え、甘草を除いた加減方で、より鎮静・精神安定作用が高いのが特徴です。

■ 具体的な生薬の効能
柴胡、黄ごんがほてりやのぼせを鎮め、消炎させます。竜骨、牡蛎、茯苓は精神安定に作用し、茯苓は人参や大棗といっしょに消化機能を高めるので、胃腸障害も起こしにくくなります。

半夏や生姜は止嘔、化痰作用があり、大黄は通便によって体内の熱を冷ます働きもあります。なお、全体の薬効を桂枝が調和する役割になっています。

「柴胡加竜骨牡蛎湯」のおまけのエピソード

配合されている竜骨は、もともとはマンモスなどの古代哺乳動物の化石でしたが、現在はウシやシカなどの骨が多く、主成分は牡蛎とおなじ炭酸カルシウムです。精神安定でも、鎮静作用を高めるにはそれらの鉱石類がよく、消耗した血液などを補充して心身の機能を正常にするには、植物類の生薬になります。

ちなみに、大黄は便を出すことによって熱を冷ます作用がありますが、メーカーによって配合されていないケースがあります。ここでは中医学の処方に習い、採用させていただきました。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項