投資信託の活用法には、アクティブとパッシブという相反する2つの流儀があります。アクティブな投資信託として代表的なものに、JFザ・ジャパン(運用会社:JPモルガン・アセットマネジメント)があります。

12年で2.3倍になったアクティブ投信

このファンドの成績は、1999年12月15日の設定以来の12年ほどで132.3%のリターンです。10,000円で始まった基準価額が今では22,922円となりました(2012年3月末時点)。この間のトピックス(TOPIX)がマイナス36.6%で、ほぼ同時期に設定されたさわかみファンドの基準価額がまだ12,074円であることを考えると、素晴らしい成績です。

ファンド評価機関であるモーニングスター社では、優秀なファンドをファンドオブザイヤーと評して表彰をしていますが、このJFザジャパンはルーキーファンド部門で2002年に受賞して以来、なんと5回も受賞しています。2011年もファンドオブザイヤー2011最優秀ファンド賞でした。モーニングスターに並ぶ評価機関のリッパー社の最優秀ファンド賞も、2010、2011年と2年連続受賞しています。

このファンドの特徴はどこにあるか?ひと言でいうならば、小型株、ボトムアップ、高回転にあります。

>>それぞれの特徴を次のページでみていきましょう