大人可愛いくちびるを作るグロステクニック

手を抜いてしまいがちなリップメメイク。実は、ちょっとした変化で目もとと同じくらいに顔の印象を変えてくれるんです。そこで今回は、大人っぽくエレガントに見せる、ぷっくりとしたリップの作り方をレッスンします。

ドーリーメイクやガーリーメイクなど、甘めフェイスに欠かせないリップグロス。ぷっくりリップに見せようと、全体をグロスでベタベタにしたり、オーバーリップもグロスで作ったりしていませんか? リップグロスは今どきくちびるには欠かせないアイテムですが、使い方を間違えると下品に見えてしまいます。ただ塗りたくるのではなく、ポイントを押さえて大人可愛いくちびるを作りましょう。
(c)CHANEL

(c)CHANEL


ふっくら見せたい時は、上唇の山と下唇の中央の高いところにだけグロスを塗り、プルプル感をアップさせます。大きめリップを作る時は、口角はそのままの位置で、上下は少しオーバー気味にラインを引いていきます。その際グロスではなく、口紅やリキッドルージュで筆を使って描くようにするのがポイントです。

シャネルの新色グロスで今年顔

1本持っていると便利なのが、シャネルの新色グロス(ペティヤン)。好きなリップカラーの上から重ねると、立体感が生まれボリュームのある唇を作ってくれます。新しいリップを買い足さなくても、手持ちのリップに重ねるだけで「今年顔」を作ってくれるし、トレンドのシャーベットカラーのファッションとも相性バッチリです。ツヤ感とラメが控えめなので、甘めのグロスが苦手な方にも◎。 

■DATA
「レーヴル サンティヤント」159ペティヤン 3465円 シャネル
http://www.chanel.com※外部サイト
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。