シティ・オブ・ドリームズのエンターテインメント

ハウス・オブ・ダンシング・ウォーターの1シーン (c) City of Dreams

ハウス・オブ・ダンシング・ウォーターの1シーン (c) City of Dreams

3Dデジタル画像を使ったショー「ドラゴンズ・トレジャー」 (c) City of Dreams

3Dデジタル画像を使ったショー「ドラゴンズ・トレジャー」 (c) City of Dreams

日本でも知名度が急上昇中の「ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」もシティ・オブ・ドリームズの中にあります。演出家フランコ・ドラゴーヌ氏が手掛けたワールドクラスの本格エンターテインメント。マカオ旅行の際は必見と言えるでしょう。

この他、ドーム型の専用劇場で上演される約10分の3D映像ショー「ドラゴンズ・トレジャー」や、生バンドによる演奏を楽しみながら食事を楽しめる「ハードロックカフェ」もあります。また、ナイトライフに欠かせないクラブも、マカオ最大規模を誇る「キュービック(Cubic)」が施設内にあり、週末を中心に有名DJを起用したイベントなどが楽しめます。さらに、ハードロックホテルにある人工ビーチ付きプールを利用したスプラッシュと呼ばれる野外音楽イベントなど、エンターテインメント・リゾートにふさわしい充実のラインナップです。

ハウス・オブ・ダンシングウォーターの詳細>>>注目ショー「ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」

キュービックの詳細ほか、マカオのおすすめ夜遊びスポットはこちら>>>マカオのクラブ・ディスコ

シティ・オブ・ドリームズのカジノ

開放感ある1階のシティ・オブ・ドリームズ・カジノ (c) City of Dreams

開放感ある1階のシティ・オブ・ドリームズ・カジノ (c) City of Dreams

2階のハードロック・カジノにあるミュージシャン関連グッズの展示「メモラビリア」 (c) City of Dreams

2階のハードロック・カジノにあるミュージシャン関連グッズの展示「メモラビリア」 (c) City of Dreams

シティ・オブ・ドリームズのカジノは2フロア構成。1階部分がシティ・オブ・ドリームズカジノ、2階がハードロックカジノになっています。このハードロックカジノは「ロック」な雰囲気が持ち味。有名アーティストの使用していた衣装や楽器などの展示に囲まれ、スタッフのユニフォームもカジュアル、さらにカジノテーブルにも楽器などがデザインされたユニークなものになっています。

シティ・オブ・ドリームズカジノについてはこちら>>>マカオのカジノ
カジノの詳しい遊び方やルールはこちら>>>マカオのカジノ(遊び方・ルール)