早分かり! マカオのエリアガイド

東京から約3000キロ、香港から約65キロの位置にあるマカオ(中華人民共和国マカオ特別行政区)。マカオは東京都品川区とほぼ同じ面積(約28平方キロ)ながら、見どころがギュッと凝縮された世界でも有数の観光地です。

マカオは北から順に、中国大陸と地続きのマカオ半島と2つの離島タイパ島、コロアン島で構成されています。マカオ半島とタイパ島は3本の橋で結ばれ、タイパ島とコロアン島の間はコタイと呼ばれる埋め立て地の造成によって陸続きとなっています。南北に長いマカオですが、マカオ半島の北端からコロアン島の南端まではタクシーで約30分。見どころは各所に点在するものの、コンパクトなサイズの街なので短期の滞在でもラクに巡ることができます。

早速、マカオを上記でご紹介したエリア別にご紹介いたしましょう。面積は狭くとも、個性豊かなエリアに分類できるのがマカオの特徴でもあります。

マカオ半島・新口岸(フェリーターミナル~ホテル・リスボア)

友誼大馬路を中心にカジノ、ホテル、オフィスビルが建ち並ぶ。中央はラスベガス資本のカジノ・リゾート・ホテル「ウィン・マカオ」

友誼大馬路を中心にカジノ、ホテル、オフィスビルが建ち並ぶ。中央はラスベガス資本のカジノ・リゾート・ホテル「ウィン・マカオ」

中国大陸から南に突き出て、広東省珠海市の拱北と陸路で往来可能な位置にあるマカオ半島。マカオ半島には、半島だけをとってひとつのエリアとして括ることができないほど、マカオの様々な要素が凝縮されています。まずは、多くの観光客にとってマカオへの玄関口とも言うべきフェリーターミナルやホテルが密集する新口岸からご紹介しましょう。

友誼大馬路に沿って建つ人気観光地マカオフィッシャーマンズワーフ

友誼大馬路に沿って建つ人気観光地マカオフィッシャーマンズワーフ

新口岸は、香港や広東省各地とマカオを結ぶフェリーターミナル(港澳碼頭)があり、マカオ観光の起点となるエリア。メインストリートの友誼大馬路(Avenida de Amizade)を中心に、多くのホテル、カジノ、オフィスビルが建ち並びます。他にもマカオ初のテーマパーク型リゾート施設「フィッシャーマンズワーフ」や博物館、観音像など見どころ多数で、まさにマカオの観光とビジネスの中心。観音像近くの海沿いの一角には、各国料理のレストランやオシャレなバーが集まる「蘭桂坊(ランカイフォン)」と言う話題のグルメスポットもあります。

新口岸エリアでは、見どころが隣り合って並んでいるというよりはエリアの各所に点在しています。平坦な地形ではあるものの、散策というよりは目的地を事前に決めてからバスかタクシーで移動したいところ。夜になると蘭桂坊一帯にオシャレなバーやダイニングがオープンし、地元っ子や観光客で大いに賑わいます。