最近は自動車を持たない世帯が増えてきたとはいえ、一戸建て住宅にとって車庫など自動車の置き場所は大きな要素の一つです。車庫やカーポート、カースペースがない一戸建て住宅は、中古物件として売られるときの流通性に影響することもあるでしょう。

しかし、車庫やカーポートなどがある物件でもそれぞれの敷地の条件などによって、その形状や形態はさまざまで、単にあればよいというものではありません。

木製扉の車庫

車庫が家の「顔」を強く印象付けることもある


自動車の格納スペースが独立した建物、または建物の一部に組み込まれているときには「車庫」(ガレージ)といい、柱や梁を備えた屋根付きの駐車スペースは一般的に「カーポート」と呼ばれています。

屋根が付いたカーポート

屋根付きの駐車スペースが「カーポート」


それに対して、柱や屋根のないものが「カースペース」で、ゆったりとした敷地の低層住宅地に多くみられます。

比較的大きな開発分譲地などでは、ほとんどの敷地を「カースペース」にしている例もあり、自動車を持たない世帯であれば庭として利用することができる場合もあるでしょう。

なお、このようなカースペースも含めて「カーポート」と総称しているケースもあり、明確に区別されているわけではありません。

庭先の広いカースペース

庭先の広いカースペースは、車を無造作に置いても絵になる


すこし変わったところでは、敷地内に機械式の駐車場を設置する例や、道路より低い敷地で住宅の2階部分に接続する駐車スペースを設けている例もみられます。

敷地内の機械式駐車場

台数が多い二世帯住宅などでは機械式の駐車場を設置する例も


敷地に高低差がある場合のカースペース

住宅の2階部分につながるように造られたカースペース


敷地の狭い都市部の住宅では、建物の1階部分を開放式の車庫にしたり、道路より地盤面の高い敷地で擁壁の代わりに鉄筋コンクリート造の車庫を設けたりする場合も多いでしょう。

建売住宅の1階車庫

建物の1階部分を車庫にした建売住宅も多い


擁壁代わりの車庫

道路より地盤面が高い敷地で多くみられる車庫


一方で、旗ざお状の敷地の場合にはその敷地延長(路地状)部分をカースペースにしている例も多くみられます。このとき敷地延長部分の幅が3メートルほどあれば、ゆったりと駐車することができるほか、その長さによっては2台、3台と停めることもできます。

敷地延長部分のカースペース

敷地延長部分の幅が2.5~3メートルほどあれば駐車も楽


しかし、敷地延長部分の幅が建築基準法による最低限度の2メートルちょうどしかない場合などでは、「カースペース有」といいながらも実際には駐車をするのが難しかったり、駐車をした後に横を通り抜けるのが窮屈になったりすることもあります。

運転テクニックで何とかカバーしても、気がつくと自動車が擦り傷だらけといったことにもなりかねません。

幅の狭いカースペース

荷物を持って楽に横を通り抜けられるほどの隙間が欲しい


カースペース横の塀

カースペースとして考えれば、隣地との間に塀などはないほうが望ましい


このような旗ざお状敷地の住宅を検討するときには、実際に自分が乗っている自動車を出し入れしてみて、使い勝手に無理がないかしっかりと確認することが大切です。

また、道路に平行して縦列駐車の要領で出し入れする形状の車庫やカースペースなどの場合もあります。このとき、その長さが十分にあれば何度も切り返しをする必要はなく、使い勝手もたいへんよいでしょう。

横長の車庫

長さが十分にあれば、自動車の出し入れに困ることはない


道路に沿った横長のカースペース

長さによっては、2台以上の駐車も可能


しかし、駐車スペースの長辺が短いときには、自動車の出し入れのたびに何度も切り返しをしなければならないケースや、なかにはいったいどうやって駐車したのかと、逆に感心させられるほどのものもあります。

住宅の広告などに「カースペース有」と書いてあっても、単純に安心することはできませんし、利用可能な車種がかなり限定されることもあるでしょう。

ぎりぎりの大きさの車庫

短気な人には駐車が難しい?


ぎりぎりの大きさのカースペース

駐車するためには高度なテクニックが必要!?


また、坂道の途中に設けられた車庫などの場合にも注意が必要です。車庫内の平面部分と道路面の間のスロープが無理なく造られている場合は、慣れてしまえばさほど困ることもないでしょうが、傾斜角度と車種の組み合わせによっては車体の底面を擦りやすいことも考えられます。

坂道の途中に造られた車庫

間口が広ければ、坂道の途中でも比較的スムーズ


傾斜のきつい車庫

傾斜が急な場合はそれなりのコツが必要に


カースペース部分の段差

出入り口が狭いときは段差にも要注意


車庫やカースペースなどの使い勝手は、前面道路の幅にも大きく影響されます。車庫などの間口が狭くても、道路幅が広ければ自動車の出し入れは比較的容易ですが、いずれも狭い場合には何度も切り返しをしなければなりません。

前面道路が狭いカースペース

車庫などの間口と道路幅の関係も重要


また、都市部では敷地の有効利用のため、半地下の車庫を設けている場合も多いのですが、このような物件のときは周辺の地形や下水道の処理能力についても十分な注意が必要です。

台風などによる大雨はもちろんのこと、近年は局地的な集中豪雨(ゲリラ豪雨)により、地下や半地下の車庫が浸水、水没する被害が増えています。

まわりよりも低い地形では水が集まりやすいほか、下水道の整備時期が早かった都心部ほど大雨のときの処理能力が低いことも多く、道路冠水や住宅への浸水といった「都市型水害」も起こりやすくなっているでしょう。

大雨のときの半地下車庫

半地下の車庫では浸水防止対策も欠かせない


たいていは排水ポンプなどが設置されているでしょうが、少しの浸水なら排水ポンプで何とか対応できるとしても、急激な増水で車庫が水没すればとても追いつきません。

その排水ポンプが正常に作動するかどうか、実際に浸水させてテストすることも困難でしょう。止水板の設置や土嚢(どのう)の保管を勧めている自治体もあります。

ところで、最近は街でときどきみかけるようになってきた電気自動車。まだ車種が少なく、本格的な普及はまだしばらく先でしょうが、電気自動車が増えてきたら一戸建て住宅の1階の間取りの一部として「カールーム(自動車部屋)」を備えた物件が出てくるかもしれませんね。

充電中の電気自動車

電気自動車が増えれば車庫の形態も変わる?



関連記事

不動産売買お役立ち記事 INDEX

車庫のサイズを確認しよう 〔一戸建て編〕
半地下車庫
敷地延長、路地状敷地、旗ざお状敷地のメリット

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。