先人の食の知恵を活かした発酵食膳

大阪市,西区,発酵食膳HOZON

2012年3月大阪市西区にオープンした「発酵食膳 HOZON」

甘酒酒粕は、等を使った発酵食品です。発酵食品は、栄養成分が豊富で、例えば乳酸菌などは腸内環境を整えるサポートをするなど、発酵食品に含まれる成分の働きが近年注目されています。

「発酵食膳 HOZON」では、こうした甘酒や酒粕、そして自家製の塩麹や、製造にこだわった醤油、味噌、みりんなどの調味料を厳選。こうした調味料を活用し、季節の新鮮な野菜の旨味そのものを引き出し、また自家製の干し野菜をふんだんに使うなど、日本人が昔から伝えてきた、おいしく、大切に食べ物を活かすための食の知恵を活かしつつ、健康にもつながる料理を提供されています。

圷undefined益美,上木めぐみ

「発酵食膳 HOZON」のオーナー、圷 益美さん(左)と、料理を担当する自然食料理研究家 上木めぐみさん(右)

メニュー全体を監修し、現場で調理責任者をされているのは、自然食料理研究家の上木めぐみさん。

これまで日本の伝統的な食生活と食文化をベースに発酵自然食を実践し、料理教室やライフスタイルの講習会を重ねてこられた経験を、「発酵食膳 HOZON」で発揮されています。