明るい朝がやってきた!早朝時間を有効活用

明るい朝

日差しが注ぎ込む早朝の運動がオススメ

春分の日を過ぎると日中の時間が少しずつ長くなってきます。冬の間は早朝に起きると真っ暗だった外も今では薄明かりがこぼれ、明るくなっていることが多いのではないでしょうか。これからどんどん暖かくなり、運動するのがすがすがしい季節となります。これから運動を始めようと思っている人にはぜひ早朝の運動がオススメ。忙しいときはいつもの起床時間よりほんの10分早起きするだけでOKです。その10分を使って有効に身体を動かしましょう。

朝の日光は体内時計を正確にすると言われています。眠たくてもまず起きてカーテンを開け、外からの光を部屋の中に入れるようにしましょう。目覚まし時計を窓際に置いておくのも一つの方法です。日光をしばらく浴びながらその場で伸びをするだけでも気持ちと身体がキュッと引き締まります。運動というのは汗をかいて激しく行うものだけではなく、身体をゆっくり動かしながら筋肉を伸ばしていくこともまた同じ運動なのです。その場での背伸びストレッチのほかに、身体を左右に軽く倒して脇腹を伸ばすストレッチや身体を左右にひねらせるストレッチなど、気軽に行ってみましょう。

続けるコツは「ムリせず、楽しく、目に見えるモノ」

ストレッチ

身体を伸ばす簡単ストレッチから始めよう

身体を動かすことそのものが運動だと考えると、意外と続けられそうではありませんか? 朝のストレッチに慣れてきたら、今度はもう少しだけ早起きをしてウオーキングを行ってみましょう。ストレッチがウォーミングアップ代わりになります。そこから軽くエネルギー源と水分を補給したら、屋外を散歩してみましょう。家の近所を探索するつもりで10分程度から始め、気持ちよさを感じたら遠出にもチャレンジ。もちろん朝の忙しい時間帯ですので、自分の生活リズムに合わせて行いましょう。

運動を続けるコツで大切なことは「楽しく行う」こと。運動が一週間続いたら小さなごほうびを用意する、好きな音楽を準備して聴きながら歩くなど、さまざまな楽しみを用意しておくことも続けるコツの一つです。また歩く際には歩数計などを準備して、歩数や歩いた距離、カロリー消費量など目に見える数値を利用することもモチベーションアップに役立ちます。スマートフォンではこうした歩数計アプリなどもさまざま登場していますので、気に入ったものを見つけてみるのもいいですね。

ウオーキングに慣れてきたら今度はジョギングにも挑戦してみましょう。最初のうちはウオーキングしながら、ところどころでジョギングモードにペースを上げ、少しキツイかなと感じたらすぐ歩く、こういった「歩く・走る・歩く」を繰り返してみると身体的にも心理的にも大きな負担になりません。ウオーキングやジョギングを行っているうちに運動することが生活習慣の一つとして定着すると、健康的な毎日を過ごせることでしょう。

キュッと引き締まった身体は3ヵ月後に

ビジネスマン

スーツをかっこよく着こなしたい!

運動を始めると健康的な身体へと近づきますが、見た目に変化が現れるのは少し時間がかかります。運動量や個人差によって変わりますが、筋肉がついて引き締まった身体を実感できるのは2~3ヵ月後になります。春先から運動を始めると、薄着になる夏頃には運動効果が体型にも現れるようになるでしょう。半袖を着たときの二の腕が気になる、ぽっこりお腹を凹ませたい、ステキな水着を着たい、と体型についてもさまざまな願望があると思いますが、夏のシーズンに向けてコツコツ続けていくことがカギになります。

運動を始めた当初は見違えるような身体の変化が見られないため、「効果がないのでは…」と思いがちですが、ここは夏に引き締まった自分を想像しながら、身体を動かすことに取り組んでみてください。なりたい体型のイメージに合う憧れの人などのポスターを壁に貼っておくと運動も楽しく続けられそうですね。

花粉症でつらいときには室内で運動を

春先は花粉症がひどくて外を歩けないという方はぜひ室内で運動を行いましょう。簡単にできるストレッチやテレビ体操、ラジオ体操などでもOKです。最近は運動に関するさまざまなDVDなども発売されているので、お気に入りのものを見つけて続けてみることもオススメ。時間も10分程度のものからじっくり時間をかけて行うものまでさまざまありますが、ちょっとしたすき間時間を見つけて取り組んでみてください。

たとえ何もなくても思い立ったらすぐ出来るのが運動のいいところ。その場でのしゃがみ込みスクワットやつま先立ちなどで筋肉を刺激し、お腹をのぞきこむ腹筋運動などで体幹を引き締めましょう。「まずは10分!」を合い言葉に新生活のスタートとともに運動習慣も始めてみてはいかがでしょうか。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。