現代人は動かなすぎ!?
「動かないことによる弊害」が起こっている!

デスクワーク、パソコンを使う人は要注意!

デスクワーク、パソコンを使う人は要注意!

現代の生活はとても便利になりました。自動洗濯機に乾燥機、食洗機に自動掃除機……。テレビも電気もリモコンで、移動は車。これでは動く機会が減っても不思議ではありませんよね。

実際、一日の平均歩数は女性6,352歩、男性7,214歩(平成21年)で、これは5年前と比べてみると、少しずつ減少してきています。ちなみに健康日本21で目標とされているのは女性8,300歩以上、男性9,200歩以上。約2,000歩足りない計算になります。

でも人間は「動物」、つまり「動く」「生物」。太古の昔から身体は同じ体勢でずっとじっとしているようにはできていません。そこで、現代人にはなんと「動かないことによる弊害」が起こってしまっているのです。

例えば座りっぱなしで起こる肩こりや腰痛、そして冷え症や便秘、むくみ、生理痛やなんとなくのだるさ。さらには年齢とともに気になってくる体型の崩れやたるみなど。これら全て「動かないこと」と密接に関係しています。なぜなら同じ体勢でいると血流が悪化し、筋肉も固くなって「コリ」が起こるからです。また、あまり筋肉が使われないままだと、身体全体が省エネモードになって太りやすい身体に。特にテレビとパソコンの普及に伴って、「動かないことによる不調」が増加の一途をたどっている気がします。

ではどうすればいいのでしょうか?

 

あなどれない普段の『生活活動』
ゴルフと掃除機かけの運動量は一緒!

「身体を動かす」というと、「スポーツ」や「エクササイズ」を思い浮かべる方が多いと思いますが、実はスポーツと同じくらい普段の生活活動が大事なことはあまり知られていません。

意外かもしれませんが、運動と同じ生活活動を比べてみると、例えばカートに乗ってのゴルフと掃除機かけは同じ運動量です。また、水中運動や卓球は通勤と一緒ソフトボールと野球は子供や動物と遊ぶのと同じ運動量が期待できます。

さらに、あまり目立った運動をしていなくても太っている人と痩せている人がいますよね。実はこの差は、日中例えばソファーに座ってあまり動かないか、一日中立ったり座ったりしているかの違いだという調査結果もあります。コマメに立ったり座ったりするだけで、一日約350kcalものエネルギー消費量の差になり、これを一週間に換算するとなんと2,450kcal。この数値は、体重50kgの女性がフルマラソンした場合の消費カロリーとほぼ同程度(フルマラソンの方が少ないぐらいです)。つまり「週1でフルマラソンをするのと、こまめに動く人は、同じだけの運動をしている」のです。