パン

菓子パンは食べ過ぎに注意!

手軽で便利なコンビニには美味しそうなスイーツや気になるお弁当が盛りだくさん。様々な商品が並びますが、ダイエット中には何を選んだら良いのか迷ってしまいますよね。

もちろん、商品ごとにカロリー表示があるのもコンビニの魅力ですが、毎回すべての商品をチェックしながら選ぶのは結構大変。賢く選ぶためのパターンを憶えておきましょう。

コンビニフードのここに注意!

ダイエット中には控えたい、ご注意フードはこちらです。
1位 菓子パン、サンドイッチ
2位 焼き菓子やスイーツ
3位 肉類を使ったお弁当
4位 チルドコーヒー
5位 カップ麺

まず1位のパン類。見た目にも美味しそうで、実際口当たりが良くて美味しく感じるものが多いのですが、残念ながらこれがダイエット中には最も避けて欲しい商品群なのです。

見えないところにも多くの油脂や砂糖が使われており、食べ応えのわりにはカロリーが高いのがその理由。サンドイッチも具材によってはマヨネーズがたっぷりで、ヘルシーそうに見えてカロリーが高いことも。中には1個で700kcal越えというオドロキの菓子パンも存在するので、要注意。どうしても食べたい場合は、せめて1個にしておいてくださいね。

さらには2位のスイーツ。焼き菓子にはバターやマーガリンなどの油脂がたっぷりで、シュークリームなどの冷たいデザート類には油脂の多いクリームがたっぷり。いずれもカロリーが高いのです。軽やかに食べられてしまうからと、ランチのデザートに毎日のように食べるのは、カロリーオーバーのモトです。

そして3位のお弁当。ハンバーグや焼肉など肉を使ったお弁当はコンビニの人気商品ですが、使われている肉はどうしても脂身の多い部位が多く、小さいサイズに見えても、意外にカロリーは高め。ダイエット中は頻繁に食べないようにしたいですね。

4位のチルドコーヒーは、無糖のものなら心配ありませんが、どれも甘口のものが多く、コーヒーといってもおにぎり1個に匹敵するくらいのカロリーがあるものも多いので、選ぶときにはカロリー表示も参考にしましょう。キャラメル味や、タピオカが入ったものなどは、毎日続けて飲まないのがコツ。

最後に5位のカップ麺。良く噛むことなくするすると食べてしまう麺類は、ボリューム感のわりにカロリーの高い商品が多いので、注意しましょう。比較的カロリーの低いノンフライ麺を選んだり、代わりに春雨スープなどを選ぶのも良いでしょう。