外側は油膜を落とし、コーティングまですれば完璧!

洗車以上に大切なのが、ウィンドウのクリーニングです。ウィンドウが汚れていると、周囲の状況が見にくく、運転がしづらい上に、乗っていてもあまり気分がいいものではありません。そこで今回は、ウィンドウの基本的なクリーニングの方法を紹介します。

まず、ウィンドウ外側のクリーニング法ですが、基本的な手順はボディの洗車と同じです。水で表面の砂埃をざっと洗い流したら、カーシャンプーを付けた洗車スポンジで汚れを軽く拭き取るように洗います。

洗い終わったら、カーシャンプーと一緒に汚れをしっかりと水で洗い流しましょう。ウィンドウを洗うためだけに作業するのはちょっと面倒だと思いますので、ボディの洗車時に合わせて作業すれば、効率的ですね。ボディ同様、洗い終わった後は、ウェスなどで水分を拭き取ります。

雨の日

雨の日の視界を確保するためにも、日頃からウィンドウはきれいにクリーニングしておきたいもの

雨の日にギラギラとした油膜で見にくい場合には、油膜を落とすための専用クリーナーが効果的です。専用クリーナーを使えば、カーシャンプーだけでは落としきれない頑固な油膜もきれいに落とすことができます。

クリーニング後は、ウィンドウ表面にコーディングを行うと雨の日も視界を確保しやすくなります。

定番のコーティング剤は、表面の水を弾き、小さな水玉にして走行風で吹き飛ばす撥水タイプです。逆に水をウィンドウ表面に馴染ませる親水タイプもありますから、好みで使い分けるといいでしょう。

一度念入りにクリーニングしておけば、普段の手入れは絞ったウェスで汚れを拭き取る程度で十分です。余談ですが、ウィンドウのキズ付きを防いだり、コーティングを長持ちさせるためには、ワイパーの手入れも重要です。ウィンドウを拭くときに、ワイパーのゴム部分の汚れもぬぐってやるだけで、だいぶ違ってくるはずです。

次ページでは、ウィンドウ内側のクリーニング法を紹介します。