過剰な恐怖感は心の不調のサインでもあります

自然災害は確かに怖ろしいもの! でも、その恐怖感が、非合理といえるほど、過剰になってしまった場合、真の問題は、その自然災害の発生リスクでは無く、心の不調ですよ!

昨年3月に起きた大震災は、こんな事が現実に起こり得るのかと、信じ難い規模の自然災害でした。こうした事が実際に起これば、「備えあれば憂い無し」という言葉が、心に強く響いて来ると思います。実際、将来の不安に対して備える事は、とても大事。でも、気をつけたい落とし穴もあります。それは、心配が杞憂のレベルに達してしまったような時です。

もしも、「天から空が落ちてこないか?」と、心配している人がいれば、「もっと他の事を心配したら?」と思ってしまうかも知れません。もっとも、かつて地球を支配していた恐竜たちの滅亡原因は、巨大隕石という説もありますし、確率ゼロとは言えない面はあります。とは言え、やはり、こうした心配をするのは、自分では無く、専門家に任せるべきではないでしょうか。

今回は、地震など自然災害に対する不安、恐怖感が強すぎる時の、対処法を詳しく解説します。

不安、恐怖は心に秘めないで!

不安、恐怖の大きな問題点は、程度の差こそあれ、理性が損なわれやすい事。もしも、その人の思考、行動パターンに非合理な部分が増してしまうと、現実適応力が損なわれ、苦悩は、より大きくなってしまいます。

これを防ぐには、実は、不安、恐怖を口にする事が大事。とは言え、「不安、恐怖を他人に言うなんてゴメンだ」と、いう方もいらっしゃると思います。不安、恐怖は、実は、心に秘めていると、知らず知らずの内、その力が強まり、非合理的な思考、行動パターンを生む傾向がある事は是非、ご留意ください。

また、自分の思考、行動パターンに潜む非合理性は、他人の目からは明らかでも、自分ではなかなか、それに気付き難い傾向があります。他人の言葉をきっかけに、自分に何か問題がある事を悟る、また、物事を、それまでとは違う視点から考えてみる事も出来ます。是非、不安、恐怖は口に出してみましょう。

不安、恐怖は心の不調のサイン

地震、台風、雪崩、雷……。私たちの周りには様々な危険があります。こうした自然現象から身を守り、無用の恐怖を抱かぬ為には、正しい知識は大切!

例えば、雷は科学的には電気現象。野外で雷鳴が聞こえてきた時は、電気の通りやすい金属製の棒を、頭上に掲げるのは危険!といった事は、知っておかねば、ならぬ事。また、こうした知識を持つ事で、自分が、その被害にあうリスクは充分、下がります。それでも、雷が苦手な人は、雷音に思わず、身をすくめてしまうかも。もちろん、それくらいはOK。でも、厚い雲を見ただけで、雷を強く意識するようになっていたら、真の問題は、雷では無く、心の不調です。

実際、不安、恐怖のレベルは、心の状態に大きく左右されます。例えば、大事な物を落として、気持ちが動揺しているような時と、ご馳走を前にした時とでは、同じ自然災害の映像、例えば、雪崩の映像を見ても、生じる不安のレベルは異なるでしょう。まずは、充分な睡眠、栄養バランスの取れた食事で、心身のコンディションを整え、個人個人にあったストレス発散法で、心の不調に対処して行きましょう。

不安、恐怖が強い時は、ライフスタイルをチェックしてみて!

自然災害に限らず、何かに対する不安、恐怖が強まると、私たちは、それを和らげる為、何かをしたくなるもの。ここにも落とし穴があります。いったん、何かで、気持ちが楽になると、以後、不安、恐怖が強まるたびに、同じ事をしがち。

もしも、それが、飲酒、衝動買い、ギャンブルといったものだったなら? これらで、確かに、気分は良くなる、場合によっては、スカッと、高揚感を味わうかも。ただ、その効果は一時的。以後、不安、恐怖が強まるたびに、こうしたモノに向かっていると、依存症のレベルにまで、のめりこんでしまう可能性もあります。

不安、恐怖を和らげる手段は、たとえ、それに頼りっきりになったとしても、日常生活に支障が出難いもの、例えば、「私なら有酸素運動で気持ち良く汗を流します」といったように、ご自分に合うものを確立させたいものです。

恐怖症にも、ご用心!

以上のような対処法を試みてみても、自然災害に対する不安、恐怖が一向に和らがない場合、例えば、地震が心配で、日常の事が全然、手に付かないような場合には、恐怖症の可能性も出てきます。

もしも、これほどまで、不安、恐怖が強まってしまう場合には、通常、ご本人の生物学的、社会環境的、心理的要因がネガティブに複合作用しています。恐怖症は、うつ病、アルコール依存症などを伴いやすく、精神科(神経科)での早期治療が望ましい事はご留意ください。

最後に、自然災害は確かに恐ろしいものですが、確率的な知識は大切! 実は、階段、風呂場といった家庭内での事故が、自然災害より、ずっと頻度が高い事は、あまり意識されていない方が多いのではないでしょうか? また、自然災害のように、自分で対処できる部分が限られている事に関しては、ある程度、覚悟を決めておく事も、心を楽にするコツだと思います。もしも、その時、パニックになるかどうかは、神のみぞ知るでしょうが、いざ、起きてしまったら、「自分らしく立派に行動するんだ!」と、覚悟を決めておくのも良いのでは、と思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項