マンション、一戸建て、分譲、賃貸ともに
コンスタントな供給が続く

樽町

鶴見川を渡った正面から左手にかけてが樽町。その、さらに奥の駒岡エリアも物件数の多い地域

分譲住宅ではマンション、一戸建てともに供給は比較的豊富。そのうち、マンションでは規模の大小を問わなければ、ここ数年、コンスタントに供給が続いています。最近では鶴見川の対岸、樽町などでの供給が目に付きます。価格的には駅から徒歩10分前後で65~70平米で4000万円前後といったところです。

 

大規模マンション

早渕川沿いにある大規模マンション。共有部分の充実その他で分譲時には話題になった

ずっと供給が続いてきたこともあり、中古も築年数、広さ、価格ともに幅があり、単身者、カップル世帯向けの広さから90平米、100平米までが揃います。ファミリー向けであれば、築10年で70平米、3000万円~、カップル向けであれば10余年で60平米、3000万円を切るくらいがひとつの目安。数年前に話題になった大規模物件なども供給されるようになっています。

 

一戸建て

1棟、2棟から10棟超の現場まで、取材中もいくつかの建売一戸建ての現場を見かけた

一戸建てでは徒歩10分前後、土地面積50平米程度の3階建て3LDKが3000~4000万円、少し広くなって土地面積60~80平米の4LDKで4000万円~といったところ。マンション、一戸建てともにバス便利用の物件もあり、広さ、手頃さを考えるならエリアを広げて考えることも大事です。

 

木造アパート

通りから少し入ると、古そうな一戸建て、マンションに加え、木造アパートなども

賃貸はマンションでワンルームが6万円、2DKで10万円、3DKで12万円が相場。古くから開けてきた街だけに築年数が30年、40年というアパートもあり、そうした物件であればワンルームで5万円台、2DKで8万円~、3DKでも10万円~というケースもあります。

 

東口に相鉄・東急直通線新駅の計画が浮上、
今後、再開発の可能性も

西口駅前

西口駅前の通り。平成9年に電線地中化が行われた

都心に近い割には自然に恵まれ、買い物にも便利な街、綱島。しかし、問題もあります。多くの人が指摘するのは、駅周辺が非常に狭く、慢性的に交通渋滞が起きている点。それでも西口では前述した中央広場を中心にした整備が行われ、駅前通りでも電柱地中化などが行われてきました。しかし、東口は一部の地域で道路拡幅などが行われてきたものの、まだまだ整備が必要な状況です。

 

商店街

歩いてみると手頃な料金な飲食店が多く、ファミリーはもちろん、単身、カップルにも住みやすそうだった

そこに最近になって浮上したのが、綱島駅東口から綱島街道を隔てた反対側に相鉄・東急直通線の新駅が建設されるという計画です。これは相鉄西谷駅とJR東海道貨物線横浜羽沢駅付近間に連絡線(約2.7km)を新設し、この連絡線を利用して相鉄線とJR線が相互直通運転を行い、さらにJR東海道貨物線横浜羽沢駅付近と東急東横線日吉駅間に連絡線(約10.0km)を新設して、相鉄線と東急線が相互直通運転を行うというもの。相鉄・東急直通区間については平成19年から平成31年までが工事期間と予定されており、まだまだ先の話ではあるものの、渋滞解消はもちろん、この街が変わるきっかけになることは確実。自治体、地元ではこれまで遅れてきた東口再開発の検討を始めており、今後の動向を気にしたいところです。

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。