女性が職場の男性・できる男を恋愛対象とみる、キュンとする瞬間

女性が職場の男性にキュンとする瞬間

一緒に過ごす時間も多い職場の女性。実は社内の男性にドキッとすることもあるんです。

女性が男性を好きになる瞬間で多いのが、仕事中の姿。いわゆる美形ではないのに、やたらモテる人を見てみると、仕事ができる人だったりするのでは?

具体的にどんな仕草や行動に女性はドキッとしているのでしょうか。仕事中、女性に「ステキ」だと思われるポイントをお教えします。
   

スーツ姿にキュン

スーツはビジネスマンにとって戦闘服とも言えるコスチュームなので、スーツを着るだけで数割増しでかっこよく見えると言う「スーツ萌え」な女性は多いものです。その人気は、「スーツ合コンは見極めが大事(=私服だとがっかりする可能性もある)」という言葉が女性のなかで言われるほど。

ただし、襟首や手首が黒ずんでいるシャツや、皺だらけでくたびれたスーツ、ヨレたネクタイなどは逆効果。スーツはサイズが合ったものを選び、清潔感のある着こなしを心掛けてください。
 

バリバリ働く姿にキュン

普段は柔らかい雰囲気の人が、仕事のときに頼もしかったりすると、ギャップにドキッとする女性が多いようです。

普段は柔らかい雰囲気の人が、仕事のときに頼もしかったりすると、ギャップにドキッとする女性が多いようです。

仕事中の真剣な横顔も女性がキュンとくる瞬間です。特に、難題のプロジェクトを進めるときや、部下を引っ張っていくときの「頼れる雰囲気」は、恋人になったときにも頼れそうだと思われます。

気になる女性が仕事でミスをしたときには、さりげなくフォロー。その優しさにホロリときて、異性として意識するターニングポイントとなることも多いようです。

忙しいからといって当たり散らしたり、自分の失敗を誰かになすり付けたりするような姿も、見られてないようで女性はちゃんと見ています。デキる男は、人間関係にまで気配りをしているのです。
 

無邪気な笑顔にキュン

いつも見せている仕事の顔と対極にあるのが、無邪気な笑顔。仕事を達成したときや、趣味の話をするとき、リラックスしているときなど、子どものような無邪気な笑顔に、ギャップの魅力を感じる女性は多いようです。

「近寄りがたい」「職場の同僚」程度にしか思われてなかった男性が、無邪気な笑顔を見せることで、急に親近感を持たれるケースもあります。良い意味での人間くささは、人間としての深みになるので、クールを気取り過ぎず、時には飾らない自分をアピールしてみてはいかがでしょうか。
 

何気ない仕草にキュン

どんな仕草が誰に刺さるかよりも、みんなに嫌われる仕草を直すことのほうが大切。

どんな仕草が誰に刺さるかよりも、みんなに嫌われる仕草を直すことのほうが大切。

「やるぞ!」というときに腕まくりをしたときに見える血管や、ネクタイを締めたり緩めたりする手つきに、男らしさを感じるという女性がいます。また、メガネを掛けたり外したりする動きや、疲れて目頭を押さえている仕草、思考中の腕組みが好きという意見も。仕事中の何気ない動きも、女性は注目しているのです。

しかしそれは逆に言うと、変なクセも見られているということ。狙って女性ウケするような仕草を増やすよりも、無意識にやっている女性に嫌われるような行動を減らしたほうが、女性が喜ぶ動作が際立つようになります。親しい友人に、自分の変なクセを指摘してもらいましょう。
 

狙いすぎは良くない

仕事中にもモテたいという気持ちはわかりますが、それにかまけていると、仕事がどんどん疎かになっていきます。女性をキュンとさせる行動は、あくまでエッセンス。仕事ができる前提でのことで、怠けているのにかっこつけていては浮いてしまいます。

「ステキ」だと思われたいなら、「会社に何しに来てるの?」と思われないようにするのが一番大切なことなのかもしれませんね。

【ガイドの最新情報】
・相沢あい on Twitter
・相沢あい on Facebook
・公式ブログ 相沢あいのeye!!

【関連記事】



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。