眠い

起きるだけでも辛いのに、できるのだろうか朝掃除

何かと多忙かつ疲労気味な私たち。1分1秒でも長く眠っていたいのが朝というもの。だから「朝掃除」なんてムリムリ……というタイプの方こそ実は、やるとハマる「朝掃除」。

なぜなら、「こんな(朝に弱い)私なのに、朝っぱらから掃除してしまった!」という誇らしさと、「綺麗になっちゃった!」という分かりやすい達成感があるから。

騙されたと思って1日、いえ、1回でもいいので、お試しあれ!

 

朝掃除のため用意するもの

古タオル、もしくは薄手のタオルふきん、もしくはマイクロファイバークロスなど「雑巾」になるもの(拭き掃除に使える布なら何でも)

■あると便利なもの
使い捨てウェットシート(ズボラな人の友)

■朝掃除には必要ないもの
掃除機(朝9時前に使うと集合住宅では苦情が出ることも)


次のページで、「朝掃除」に挑む心構えと実際の動き例を詳しくレクチャーします。