ここ最近、「スマートテレビ」という言葉を耳にする機会が多くなりました。でも「スマートテレビって何?」と聞かれると、なんとなく多機能で便利なテレビ……というイメージしかない人も多いのでは? そこで今回は、スマートテレビについて解説します。


スマートテレビとは?

そもそも「スマートテレビ」という言葉に厳密な定義はありません。過去も、アメリカでは「スマート」という言葉が好まれ、従来よりも多機能であったり、使い易く工夫した製品を「スマート○○○」と呼んできました。旧来のボタン操作のリモコンに画面表示が加わると「スマートリモコン」、と言った具合です。スマートフォンもその延長線上と言えるでしょう。テレビも、WEBブラウジング機能が搭載された時点で、スマートテレビと呼んでも、間違いではないでしょう。

そんな掴み所のない面もあるスマートテレビですが、最近ではネット対応に加え、スマートフォンのようにアプリをネットから直接ダウンロードして機能を増やせる製品や、パソコンやスマホで馴染みのあるクラウドサービスへの対応、スマホとの連携機能などを持ち始めました。

では、いくつかのメーカーを例に、「スマートテレビ」と言えそうな機能を具体的に紹介してゆきましょう。


テレビに好きな機能が追加できる!
パナソニックの「ビエラコネクト」

ビエラコネクトundefinedホーム画面

ビエラコネクトのホーム画面。アイコンを選択すると各種サービスが利用できる。

ビエラコネクト」は、パナソニックのテレビ「ビエラ」やレコーダー「ディーガ」に向けたクラウド型インターネットサービスの名称です。

独自の「ビエラコネクト・マーケット」を運営し、スマートフォンでアプリを追加するように、メニュー画面に機能や用途を増やすことができます。

 


ビエラコネクトundefinedホーム画面

ホーム画面の2ページ目。自由にカスタマイズでき、ゲームも登録してみました。

具体的には、ゲーム(有料又は無料)をテレビ単体で遊んだり、スカイプ、フェイスブック、ツイッターなど、お馴染みのネットサービスなどが利用できます。パソコンでも出来ることばかりですが、パソコンを起動せずともリビングのテレビでちょっと楽しむ……といった用途に便利でしょう。 

 
ビエラコネクト・マーケットの画面

ビエラコネクト・マーケットの画面。追加したいアプリやサービスを選ぶとホームメニューに表示できる。



 

スマートフォンで撮影した写真をテレビで見る!
ソニーの「ワイファイダイレクトモード」

スマートフォンのコンテンツを、対応するブラビアの大画面で視聴できる機能です。特徴は「ワイファイダイレクト」の名の通り、アクセスポイント介さず、スマホとテレビが直接繋がるので、無線LAN環境のないご家庭でもすぐに始めることができます。

最近はスマートフォンで写真を撮るケースが多いですが、テレビの大画面に手軽に映すことができれば、迫力もアップしますし、家族や友人と共有して楽しい時間を過ごせそうです。

もちろん、ソニーのブラビアも、各種の動画配信サービスや、独自の映画を中心とした動画配信サイトである「ビデオアンリミテッド」、ツイッターやフェイスブックなどに対応したモデルが増えています。

次のページでは、さらにスマートテレビ的な機能をご紹介します。