「麻黄湯」はどんな人・どんな症状にいいの?

イメージ

発汗力があり、ぜんそくを止める働きもある

悪寒があって、軽い発熱、頭痛、咳、ぜんそくなどをともなう場合に。

「麻黄湯」の効果

悪寒、発熱、感冒、感冒による頭痛、関節痛、筋肉痛、咳、気管支喘息、アレルギー性喘息など。

「麻黄湯」に入っているもの

麻黄(マオウ科の地上茎)、桂枝(クスノキ科のケイの若枝や樹皮)、杏仁(アンズの種子)、甘草(マメ科などの根やストロン)

「麻黄湯」が合わない人

発汗力が高いので、汗をかいている場合や高熱が出ている時は向きません。体力のない小児、年配者も注意が必要です。

「麻黄湯」の飲み方などの注意点

■飲む時間
一般的には食事と食事の間の空腹時、食事をする1時間前など、お腹が空で胃に吸収されやすい時期に飲みます。胃腸が荒れやすい人には食後、排便をうながすタイプの漢方には、空腹時の服用を勧める場合もあります。なお、食間に飲み忘れたときは、食後でいいので飲みましょう。

■「水」or「白湯」?
症状によって、冷たい水で飲むほうが効果的な場合(その反対も)もありますが、基本的には生薬を水で煎じた「煎じクスリ」の場合は、人肌に冷まして飲みます。生薬の有効成分を抽出して乾燥・加工した「エキス剤」の場合、お湯に溶かしたり、水と一緒に飲んでください。

「麻黄湯」の副作用

胃腸虚弱、体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質などの場合、不快な症状が出ることがあります。ちょっとおかしいな、と思ったらすぐ服用をやめ、漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

「麻黄湯」が買える場所

漢方薬局や病院、診療所、ドラッグストアなどです。
代表的な商品名:(アイウエオ順)
  • クラシエ 麻黄湯エキス顆粒 (クラシエ製薬)
  • コルゲンコーワ 液体かぜ薬 麻黄湯(興和新薬)
  • 麻黄湯エキス顆粒(ツムラ)
  • 麻黄湯エキス顆粒KM (エスエス製薬)
  • ルル内服液 麻黄湯(第一三共ヘルスケア)

「麻黄湯」の漢方的メカニズム<中級者向けトリビア>

強い悪寒、軽い発熱、頭痛、咳、汗が出ない、舌の色が白い、脈が浮緊、というような「風寒表実証」を治療するおクスリです。

■具体的な生薬の効能
主薬の麻黄はカラダを温め、発汗させ、咳を鎮めます。桂枝はこの麻黄の発汗力を強め、血行を促進します。杏仁は咳や痰をとり、麻黄といっしょに合わせることで、呼吸機能を改善させます。甘草はこれら諸薬の薬効を緩和し、バランスを整えます(麻黄、桂枝、杏仁、甘草の4味からなる処方ですが、それぞれの役割がしっかりしていて、無駄がないなと)。

「麻黄湯」のおまけのエピソード

よく麻黄湯を処方するとき、悪寒、発熱、頭痛、咳などのほかに「発汗がない」ことを判断基準にします。汗が出る感冒というのは、中医学では「虚証」タイプとされ、まちがって使用すると必要以上に汗が出たり、体力を消耗しすぎてしまうからです。

もちろん、インフルエンザや急性気管支炎などでも、症状によっては用いることができますが、通常はインフルエンザに役立つ漢方ってあるの?でも書いたように、銀ぎょう散の方がベターです。また、すでに発汗している場合は「桂枝湯(けいしとう)」を用いるなどし、やはり症状によってのタイプ分けが決め手となります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項