L`AVENUE ラヴニュー

「L’AVENUE ラヴニュー」の平井茂雄シェフ

「L’AVENUE ラヴニュー」の平井茂雄シェフ

「L’AVENUE ラヴニュー」は、2012年2月20日、神戸市内に新たにオープン予定のパティスリー&ショコラトリーです。

オーナーシェフの平井茂雄氏は、東京・六本木のホテル「グランドハイアット東京」在籍時に、日本国内予選を勝ち抜き、フランスの「サロン・デュ・ショコラ」内で開催されるチョコレートの国際大会「ワールド チョコレート マスターズ 2009」に出場。2007年に出場した水野直己シェフに続き、二大会連続で日本に優勝をもたらすという快挙を遂げられた方です。その気鋭のシェフが、故郷の神戸に戻り、いよいよご自身の店をオープンされます。

それに先駆けて、2月1日(水)~14日(火)の期間限定で大丸神戸店のB1洋菓子売場内特設スペースのみに限定出店されるというから、ビッグニュース!

お店の開店前に、いち早く平井シェフのオリジナルショコラがいただける貴重な機会、これは見逃せません。その中でも、ぜひ召し上がっていただきたいのがこちらです。

「L’AVENUE ラヴニュー」(10個入 2520円)

「L’AVENUE ラヴニュー」のボンボンショコラBOX「L’AVENUE ラヴニュー」(10個入 2520円)

「L’AVENUE ラヴニュー」のボンボンショコラBOX「L’AVENUE ラヴニュー」(10個入 2520円)

全て新作となる10粒のボンボンショコラの内容は以下のとおり。
エスプレッソ:コーヒーのビターなガナッシュにくるみのプラリネ。中に粗刻みのくるみプラリネ入り。
アルジャン:フランス語で「銀」の意味。ミルクチョコレートと、自家製プラリネ、アプリコットのパート・ド・フリュイとの3層の組み合わせ。
アシデュレ:「酸味」を意味する名前の通り、ライムのキャラメルと「フランジェリコ」というイタリアのヘーゼルナッツリキュールをアクセントにしたヘーゼルナッツガナッシュとの組み合わせ。
オール・ノワール:「ワールド チョコレート マスターズ 2009」で優勝し、2011年にカカオバリー社から「カカオバリー・アンバサダー(大使)」に任命された平井シェフ。「Or Noir」は、そんなカカオバリー社が提供する「オリジナルチョコレートが作れる」コンセプトから生まれるチョコレート。つまり、世界中で平井シェフのためだけに作られたブレンドの製菓用クーベルチュール・ショコラなのです。この特徴をシンプルに活かしたビターなガナッシュ。
オリジン:ガナッシュ・オール・ノワールに、自家製プラリネと、サクサクの細かいクレープダンテル生地を混ぜた食感が楽しい。
プレジール:平井シェフこだわりの自家製プラリネ。
ヴァニーユ:ヴァニラ風味のガナッシュの上に、ヴァニラ風味のキャラメル層。
フランボ:フワンボワーズのガナッシュの間に、レモンのパート・ド・フリュイをサンド。
アランチャ:ミルクチョコレートのガナッシュに、オレンジ&パッションのゼリー入り。
アル・ザマンド:アルザス産のビターアーモンドのオードヴィを使い、生姜のコンフィ入りガナッシュとパートダマンド(アーモンドペースト)を組み合わせた、新作の中でも、平井シェフお気に入りの一粒だそう。
「L’AVENUE ラヴニュー」に入った10粒のボンボンショコラ断面。

「L’AVENUE ラヴニュー」に入った10粒のボンボンショコラ断面。


「Grand Creation グランクレアシオン」「Romance ロマンス」(各6個入 1680円)

「L’AVENUE ラヴニュー」の「グランクレアシオン」

「L’AVENUE ラヴニュー」の「グランクレアシオン」
 

「L’AVENUE ラヴニュー」の「ロマンス」。奥は「グランクレアシオン」のBOX

「L’AVENUE ラヴニュー」の「ロマンス」。奥は「グランクレアシオン」のBOX

上で紹介した新作10粒のボンボンショコラから、各6粒を厳選したアソートBOX。
「グランクレアシオン」は、プレジール、ヴァニーユ、アル・ザマンド、アランチャ、フランボ、アシデュレの6粒入り。「Creation=創作」の名前どおり、より想像性に富んだ、個性あるボンボンショコラのアソートセットです。
「ロマンス」は、アルジャン、オリジン、オール・ノワール、アランチャ、プレジール、エスプレッソの6粒入り。シンプルなガナッシュや自家製プラリネをはじめ、オレンジやコーヒーなど、男性にも女性にも幅広く好まれる組み合わせのアソートセットです。


オートクチュールコレクションズ(3個入 1260円)

「L’AVENUE ラヴニュー」の「オートクチュールコレクションズ」

「L’AVENUE ラヴニュー」の「オートクチュールコレクションズ」

平井シェフが優勝した2009年の「ワールド チョコレート マスターズ」では、「オートクチュール」というテーマが課題でした。それに合わせて作られた2粒のボンボンショコラを再現したセットは、2010年のバレンタインに「グランドハイアット東京」で限定販売され、予約だけで完売するほど、大変な話題を呼びました。
その2粒「コレクション」と「ボタン」に、新作「オーストリッチ」を加えたスペシャルBOXがこちら。

「L’AVENUE ラヴニュー」の「オートクチュールコレクションズ」断面

「L’AVENUE ラヴニュー」の「オートクチュールコレクションズ」断面

「コレクション」は、ライムのソフトペーストととろりとしたライムキャラメル入りで酸味が華やか。「ボタン」は、断面に縦のストライプが現れる凝った構成が斬新で、ウォールナッツとコーヒーのガナッシュが交互に並び、サクサクしたクランチとの組み合わせ。文字通り角にボタンの形のチョコレートが飾られています。そして、新作「オーストリッチ」は、ピスタチオのプラリネとトンカ豆風味のガナッシュを組み合わせた、平井シェフ自身もお薦めという一粒です。

これらのモチーフは全て、テーマ課題だった「オートクチュール」のイメージと繋がるもの。たとえばこの「オーストリッチ」(ダチョウの革)も、平井さんが制作し、「ベストチョコレート ピエスモンテ芸術賞」に輝いたチョコレートの大型工芸細工で表現した女性モデルの衣装に、その質感を見事に再現した部分がありました。

コンクールに挑んだ作品ならではの手間のかかり方、複雑な味の重層構造は、まさに芸術! こちらは、個数限定の生産だそうですので、お早目にどうぞ。

店名の「L`AVENUE」(ラヴニュー)の由来をお伺いしたところ、「実は、言葉の響きがいいなと思って先に音から決めたんです。でも、後からフランス語の意味を調べたところ、“通り”の意味があり、目的地に向かって延びていく自分のイメージにぴったりだと思って。」という平井シェフ。いよいよ新たなスタートを踏み出され、これから長く続く道程を、着実に歩んでいかれることでしょう。

※大丸神戸店のバレンタイン催事で取り扱いのある「L’AVENUE ラヴニュー」各商品の配送については、チョコレートは保冷配送便となるため、一部(離島など)お届けできない場合があるそうです。詳しくは店頭でお問い合わせください。

<お問合せ先>:大丸神戸店 代表電話078-331-8121

■L’AVENUE ラヴニュー →2012年2月20日、オープン予定
住所:兵庫県神戸市中央区山本通り3-7-3 1F
電話:078-252-0766
営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜
アクセス:三宮駅から徒歩約7分
地図:Yahoo!地図情報
http://lavenue-hirai.com/

それでは、次のページで、水野シェフ、平井シェフに続き、昨年、「ワールド チョコレート マスターズ 2011」に出場し世界の舞台で闘われた、あのシェフをご紹介します。