セロリ餃子

所要時間:20分

カテゴリー:メインのおかず餃子

 

大胆セロリの餃子

5mm角ほどの大きさに切ったセロリと、セロリの葉もたっぷり入れた餃子。見た目は普通の餃子ですが、食べて驚き。しゃくっとした歯触りと香りを楽しみながらさっぱりと食べる、ヘルシーな餃子です。

セロリ餃子の材料(3人分程度

セロリ餃子
豚ひき肉 100g
セロリ 葉付きで約1本、100g程度
小さじ1
醤油 小さじ1
ごま油 小さじ1
餃子の皮 25枚程度
葉のたっぷりついたセロリを選ぶといいです

セロリ餃子の作り方・手順

セロリ餃子

1:セロリを切る

セロリを切る
セロリを切ってボウルに入れる。茎の部分は5~6mm角に、葉の部分は大きいみじん切りに。神経質に形を揃える必要はありません。

2:材料を混ぜる

材料を混ぜる
切ったセロリ、豚ひき肉、塩、醤油、ごま油を混ぜます。粘りが出るまでしっかりと混ぜてください。

3:皮に包んでフライパンに並べ、焼く準備をする

皮に包んでフライパンに並べ、焼く準備をする
皮に包んでフライパンに並べたら、水100cc程度(分量外)を横からそっと注ぎます。餃子の下4分の1程度が水の中に入ります。

4:餃子を蒸し焼きに

餃子を蒸し焼きに
フライパンにふたをして強火にかけます。中の水が沸騰してから3分程度でふたを開けます。途中様子を見て、もし水がなくなりそうなら少し足してください。ふたを開けて残った水を飛ばします。

5:餃子に焼き目をつける

餃子に焼き目をつける
完全に水分がなくなったら、サラダ油適量(分量外、大さじ2分の一程度)を餃子の横から底のほうにまわるようにスプーンなどでまんべんなく入れて行き、フライパンを軽く回すようにしながら底面を焼きあげます。フライ返しをさかさまにしてはがす、またはお皿をフライパンにかぶせて裏返すようにして、お皿に盛ります。

ガイドのワンポイントアドバイス

しっかり塩味がついているので、何もつけないで食べるのがお勧めですが、バルサミコ酢と醤油、米酢を割ってほんの少しつけても。皮につけるより、かじったところに少量つけるのがお勧め。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。