放課後を英語オンリーで過ごす英語学童とは

Kids Duo

英語学童「Kids Duo」。学童は子どもたちが放課後を過ごす、いわば「第2の家」。生活で使う英語を自然に身に付けることができる


両親が共働きの場合、小学校低学年のうちは放課後預かってくれる学童保育を利用するのが一般的。これまでは公立がポピュラーでしたが、最近では民間の学童人気も高まっています。独自のカリキュラムや送迎などのサービスが充実しているのが特長で、公立に比べると費用がかかることは多いものの、あえて選ぶ親も増えてきました。

英語学童とは、いわばプリスクールの学童バージョン。教室では英語での会話を基本とし、オールイングリッシュの環境に長時間身を置くことで、英語を自然に身に付けていこうという場所です。

通わせる目的は親によって違い、学童定員の少ないエリアであれば公立学童のかわり程度に考えている人もいますし、もちろん「願わくは英語も多少はできるようになってほしい」という人も多数。なかに、「帰国子女なので英語力をキープしたい」という人もいて、求めるレベルや内容は本当に人それぞれ。そうした幅広いレベル、年齢の子どもたちに対応できる場でもあります。


>> 次のページでは実際の様子をレポート