適所のルール2:いつも通るところ

部屋が散らかりやすいのは、帰宅したときの習慣が影響しています。学校や会社、買い物から戻ってきたときに、ランドセルやカバンを床に、上着はソファの背に掛けるなど、何となくその辺に置くと、それが普通のことになりがち。しかるべき所に正しく収納できるといいのですが、理想通りにはいかないものです。

とはいえ、誰もが簡単に片付けられるタイミングがあります。そのチャンスを逃さない場所が適所。帰宅してからの動線上に、片付けスポットをつくるのがポイントです。玄関からリビングへ至る途中でカバンを台に置いて、コートフックに上着を掛ける。たったそれだけの動作なら習慣化しやすく、部屋が散らからずにすみます。
IKEAの収納グッズ

階段の手すりも見逃さない

片付けスポットをつくるには、玄関ホールから廊下につながる壁面や、階段脇の僅かなスペースがあれば十分です。壁にフックをつけるか、小さな棚家具を置く程度なら場所をとりません。扉のあるきちんとした収納を設けるよりも、動線に無駄がなく動作も単純なので片付けが持続します。

そして、子ども目線で適所をチェックしましょう。