適所のルール3:無理なく届く高さ

住まいの中での生活動線から割り出す適所があると同時に、モノを出し入れするときの動作範囲にも適所があります。立った姿勢で手を下した高さから、軽く手を挙げた範囲までが、使いやすい高さ。家族の共用品を収納する際には、子どもでも手の届く高さへの配慮が必要です。床から天井までを収納にすれば容量がたっぷりとれますが、子どもにも片付けをしてもらうには適所が狭まります。
IKEA収納用品

引出しは胸より下の位置にないと中身が見えない

出し入れしやすい適所よりも上のエリアには、軽くて使用頻度の低いモノ、下のエリアにはときどき使うモノや重たいモノといった使い分けをしましょう。適所のルールを頭に入れながらモノの配置を考えて、収納に最適な位置を間取りに落とし込んでいけば、家族全員が片付けられる住まいになるはずです。


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。