インテリアも斬新な高速クルージングカー

アヴァンタイム  インパネ

何にも付いていないように見えますが、エアコンは左右独立式だったりオーディオは6連奏CDチェンジャー付きだったり、オートクルーズやシートヒーター、キセノンヘッドランプ……と、今乗っても十分快適な仕様です。そうですよね、もとは500万円の高級車ですから

私が特にやられたのが、インテリアです。まずインパネ部分は今もなお未来的。デジタル化された速度計はセンターに配され、オーディオはフタで隠され、エアコンは左右独立式なので、運転席側と助手席側それぞれにコントローラーがあります。ちなみにオーディオを操作する際はほとんどステアリングにあるコントローラーですみます。

さらにシートは本革。バカでかいガラスサンルーフが備わり、ボタン一つでそのガラスルーフと、全ドアの窓がおり、ちょっとしたオープンカーです。全開モードで走ると、車内においた書類が飛んでいきます。

エンジンは3LのV6。ミッションはマニュアルモード付きの5速のATで、車重1.8t近くあるこの車を楽々優雅に走らせてくれます。クーペですがスポーツ走行は得意ではありません。何しろ車重もあるし、頭に重たいもの(ガラスサンルーフ)を載せていますからね。ただし高速巡航はとても気持ちいい。私はこの車で何度も東京~京都間を往復しました。

アヴァンタイムundefinedリア

その後登場するメガーヌなどのデザインに影響を与えた独特なリアデザイン。ルーフ上の部分から大きく開くラゲージは、けっこう大容量です。またラゲージトレイはトノカバー風にも使えるし、下において上下にトランクを仕切ることもできます

子供ウケがいいのもこの車の特徴と言えるかも知れません。駐車場に駐めておくと、興味津々顔をした子どもたちが寄ってきます。またぐずっていた甥っ子を乗せたことがあるのですが、口を開けて上を見上げたまま泣き止みました。

さらにこれは知人の話ですが、ヨーロッパでスーパーカーの取材をした際に、レンタカーがアバンタイムだったそうです。フェラーリやランボルギーニなどの車列について走り、休憩地点で一般車両用の駐車場に入ろうとしたところ「お前のはスーパーカーだ」と、フェラーリ等と同じ場所に駐めさせられたそうです。

ミニバンに見えるのに2ドアのクーペ。ドアを開ければ未来的なインテリア。サンルーフ&ウインドウガラスを全開モードにすれば気分はオープンカー。そんな車、そうはありません。

さて繰り返しますが東京モーターショーが始まります。あなたの胸に突き刺さる夢の車があるでしょうか。あったとしても、それはいつ市販化されますか? さらに中古車になって身近になるのは何年先? その間、こんな車に乗っているのも悪くないのではないでしょうか。

このように、しっかり調べてみればお買い得な車種は意外とあるものです。あなたも一度、探してみてはいかがでしょう。


【関連リンク】
カーセンサー

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。