クラウンより下だけど、マークIIよりは上

トヨタブレビス フロント
スリーサイズは全長4550mm×全幅1720mm×全高1460mm。ホイールベースは同時期のマークIIと同じ長さながら、フロントのオーバーハングを切り詰め、フロントサスペンションを工夫するなどして最小回転半径をマークIIの5.3mに対し5.1mを実現しています
気づけばこんなに値落ちしていて「おいしい!」という中古車をご紹介しているこの企画。今回はトヨタブレビス(絶版)をご紹介したいと思います。小さな小型車をコンセプトに登場したプログレをベースに、“プチセルシオ”と形容されるような顔つきとスタイルにまとめられた高級セダンも、登場してはや9年。最安値は35.8万円(原稿執筆時)と、新車時価格の10分の1以下の価格で流通するまでになっています。

登場は2001年6月。その2ヶ月前に、ベースであるプログレがマイナーチェンジしています。したがって、ミッションは5AT、2.5Lと3Lエンジンはいずれも直噴となります。ボディサイズは、プログレがなんとかがんばって5ナンバーサイズに収めたのに対し、小さくてもセルシオ的な威風堂々さを優先したため、全幅は1720mmと20mmオーバー。またプログレに対して全長を50mm、全高を25mm伸ばしています。

ブレビスの価格帯では、2000年に登場した3代目セルシオ(30型)は難しいですが、1994年に登場した2代目(20型)は狙えます。しかし、年式や燃費(3Lモデルで10・15モード燃費11.6km/L、2.5Lモデルで11.4km/L)を考えれば、やはりブレビスには大きな魅力があるのではないでしょうか。それに、ブレビスの「小さな高級車」観は、今こそ再評価すべきだと思うのです。

トヨタブレビス リア
各種サイレンサーや吸音構造、振動制御、遮音・吸音材などを採用することで、高級車にふさわしい静粛性を手に入れています。さらに空力を研究し、風切り音も大幅に低減。一方でエンジン音はドライビングの楽しみをドライバーに提供するため、サウンドチューンが施されました
確かに、小さな高級車としてはプログレが先陣を切りました。しかし思うように販売を伸ばせなかったからこそ、ブレビスが登場したわけです。結局はそれでも「小さな高級車」は鳴かず飛ばずで、結局この代限りの(プログレも同様に)モデルとなってしまうのですが。

その理由としては「クラウンの下でマークIIの上」というポジションの割に、大きさ=見た目の風格が見劣りしてしまったからかもしれません。しかし、マークIIのシャーシを基本にクラウンの足回りが奢られたことからもわかるように、中身は間違いなく「クラウンより下でマークIIの上」として作られた車です。またマークIIより全長で185mm短いながら、ホイールベースは同じで、室内長は30mm短いだけです。見た目は小さくても、意外と室内は十分広いのです。

もちろん広さがマークIIとほぼ同等というのは、ブレビスの魅力のほんの一部に過ぎません。ブレビスの再評価すべき魅力を次ページでさらに見ていきましょう。