12月は身体に無理をさせやすい時期

今年も残すところあとわずか。年末にむけて仕事も忙しくなったり、プライベートでもスケジュールの空きが減ってきたりと、ゆっくり休むゆとりも無くなってきてはいないでしょうか。

忘年会など、お酒や食事を愉しむ回数が増えるかもしれませんが、楽しい場だとしても、やはり、疲労を残したまま、次のイベントへ……となると、不調を感じた頃には、自身で思ったよりも体の疲労が進んでいる状態になっている可能性もあります。
 

この時期、なりやすい体の状態とは?

この1年の疲労もたまっている頃であり、さらに今や今後の忙しさも考えると、それだけで心も体も活動状態にスイッチが入り、心身の緊張状態から抜け出せなくなるかもしれません。心身の緊張状態から抜け出せなくなりつつあるサインが出ていませんか?

■心身の緊張サイン

□首や肩に力が入り、両肩をすくめるように上がっている
□忙しくなると頭痛が出やすくなった
□背中が張っている、またはコリを感じる
□最近、視力が落ちたような気がする
□なかなか寝付けない、眠りが浅い
□歯ぎしりをしたり、歯をくいしばって眠っているようだ
□シャキっと背スジを伸ばした姿勢をとることがつらい
□食欲の低下や胃もたれが多い、お腹の調子が悪い
□体がだるく、気分もスッキリしない

「今年もあと少しだし、もうひと頑張り!」と気力で乗り切ったものの、疲れた顔で新年を迎えるのは残念な気がします。元気に年末を乗り切り、新年を迎えましょう。


疲労回復を助けるエクササイズ

いつも忙しく動き回ったり、頭の中もフル稼働しがちな、お疲れ気味にお勧めです。こうした人に起こりがちな、背中や首の緊張を和らげ、活発な状態が続いている神経をオフにしましょう。リラックス状態へと近づけていきます。

■ステップ1 首スジをスッキリ!

このエクササイズだけでも、パソコン疲労回助けになります

このエクササイズだけでも、パソコン疲労回助けになります

1. 顔は正面に向け、鼻から息を吸いながら両肩をすくめます。












1と2を3~5回ほど繰り返してみましょう

1と2を3~5回ほど繰り返してみましょう

2. 両肩を脱力しながら口から息を吐き、顔を下へ向けます。この時、首の後ろが気持ちよく伸びるように、ゆっくりと動かしましょう。












■ステップ2  背中をスッキリ!

疲労すると背スジを伸ばす筋肉が働きにくくなる可能性があります

疲労すると背スジを伸ばす筋肉が働きにくくなる可能性があります

1. 両手を体の前で組み、天井方向へ挙げます。そのまま、腕が天井方向へ引っ張られるイメージで、鼻から大きく息を吸い込み腕や背中、脇を伸ばしましょう。












無理をせず気持ちよく伸びる程度にしましょう

無理をせず気持ちよく伸びる程度にしましょう

2. 組んだまま、上半身を左側へ倒します。左手で軽く右手を左方向へ引き、右腕、脇、背中が伸びるように。5秒間ほどキープします。












ストレッチをしながら半円を描く中間地点の状態です

ストレッチをしながら半円を描く中間地点の状態です

3. 両手を正面に引かれる意識のまま、床と並行に半円を描くよう動かしていきます。














1~4を3往復ほど繰り返してみましょう

1~4を3往復ほど繰り返してみましょう

4. 右まで動かしたら、右手で軽く左手を右方向へ引き、5秒間ほどキープします。



一度、体を起こし、正面を向いてから、再度、手を組み上半身を倒し、往復させるように左側へ動かしながら、同様に背中をストレッチしましょう。

※腰は曲げないようにしてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。