「毎月精一杯の暮らしでお金を貯める余裕がない」「いけないと思うのだけど、あればあるだけ使ってしまう」「もっと貯めておかないと、将来が不安」など、お金の使い方や悩みは人それぞれ。お金は大事なものだけど、貯めればいいだけではないし、かといって余裕がなければ不安だし…。さて、気持ちよくお金と付き合うためにはどうしたらいいのでしょうか。

あなたにとって、お金って何?

金銭感覚

あなたは普段どんなお金の使い方をしていますか? あればあるだけ使っちゃう? それとも、貯めても貯めても不安?

一人暮らしをしていると、自分の手元にあるお金はすべて自分の思いどおりに使えます。ただし、きちんと管理することも大事なこと。怪我や病気、失業などの万が一の場合や、将来のことも考えて、ある程度の貯蓄も備えておきたいものです。

とはいえ、ただ貯めこむだけでは活きてこないのがお金。あればあるに越したことはありませんが、使うべきところでは使って、自分にとってプラスの効果を生むのが理想です。でも、そう思いどおりにいかないのが現実かもしれません。

金銭感覚は人それぞれ。そして、収入や支出に対する満足度も額の大小に限ったものではなく、人それぞれ違います。もし今、あなたがお金に対しての不安や不満があるとしたら、お金の使い方に納得していないからかもしれません。

そこでまず、あなた自身はお金に対してどう考えいるのでしょうか。あなたに一番近いのはどれですか。4つのタイプに分けてみました。

■計画タイプ
計画を立ててお金をきちんと貯められるエライ人。でも、自分の予定外の出費などがあると、それが必要なことでもイライラしてしまう危険アリ。

■不安タイプ
お金はある程度きちんと貯めているけれど、将来のことなどを考えると、もっと必要なのではと不安が先にたってしまう人。お金を使うこと自体が怖くなって、ケチケチしてしまうことも。

■万年金欠タイプ
自分ではそれほど使ったつもりもないのに、いつも口座やお財布にお金がない人。いざというときになって困ってしまう。

■散財タイプ

あればあるだけ使ってしまう人。先のことを考えず、欲しいと思ったものや他の人への見栄などに負けてしまう。

次は、それぞれのタイプ別で身につけたい、お金と上手に付き合う方法を考えました>>