【編集部からのお知らせ】
恋愛偏差値30からの婚活相談室」をオープンしました!

婚活にまつわる実用的なアドバイスを"無料"でいたします。

・婚活用プロフィールを添削してほしい方はこちら

・婚活にまつわるお悩みを相談したい方はこちら

気づけば11月。秋真っ盛り。食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋ですね。友達や彼氏とご飯を食べたり、飲んだり、映画を観に行ったり、アート展を観に行ったり(こちらがオススメです)、ジムに行ったり、クラブで踊ったり(ある意味、スポーツ?)、充実した休日をお過ごしのことと思います。

当たり前ですが、そうやって休日を楽しむことを遠慮したり、申し訳なく思ったりする必要はありません。ふだん一生懸命働いて、社会に貢献しているのですから、たまには贅沢したり、お祭り騒ぎを楽しんでも、決してバチはあたらないし、堂々と思いっきり楽しめばよいのです。僕らはそういう「幸せ」のために生きてるのであって、他人に迷惑をかけないかぎり、どんな楽しみ方をしようと自由です(誰もそれを「不適切」なんてジャッジできないはずです)

と前置きしておいて、今回は、10月後半にダンナといっしょに参加した7泊8日のゲイクルーズの体験記をお届けします。

前回のおまけコラム「お気に召すまま」で、ダンナが勤続20年のごほうびで3週間の休暇をもらえることになり、その使い道を二人で考えたというお話を書きました。(ちなみに、オーストラリア在住のお友達は勤続10年で3カ月間の休暇をもらったそうです。日本もそういうふうになればいいのに…)
実はゴトウは昨年、お仕事で今回のと同じゲイクルーズの取材をさせていただいたのですが、それがあまりに素晴らしくて、「いつかここにダンナを連れて来る」と心に誓ったのでした。そこで、10年に1度の長期休暇と聞いた瞬間、「だったらゲイクルーズに行こうよ、僕が手配とか全部サポートするから」と提案し、いっしょに行くことになったのです。
ダンナにとってはおそらくこれがラストチャンス。一生に一度のかけがえのない思い出作りのために、僕は今年1年、このクルーズに照準を当てて生きてきました(休暇が取りやすいフリーランスの仕事を選択し、かつお金を貯めて…ぶっちゃけ赤字だけど)

たぶん、ここまで読んだ方は「そこまでして行くゲイクルーズって何? そんなにスゴいの?」「めちゃくちゃ高いんじゃないの?」などとお思いのことでしょう。本当は「百聞は一見に如かず」であり、ぜひみなさんにも体験してほしいのですが、できるだけゲイクルーズの魅力、そのスペシャルな素晴らしさが伝わるよう、レポートをお届けしたいと思います。そしてこれは、「じゅんとあさこのお気に召すまま」特別編でもあります。書くことがあまりにたくさんあるので、2回に分けてお送りします。