大原:参道から境内まで楽しめる紅葉、抹茶と共に楽しむ紅葉

大原・三千院門跡の紅葉

大原・三千院門跡の紅葉(2007年12月1日撮影)

京都もみじ回遊、続いて紹介するのは、京都市内の北東方向。最初はデューク・エイセスの『女ひとり』にも歌われて一躍有名になった大原(Yahoo! 地図情報)です。

ここには三千院門跡Yahoo! 地図情報)、寂光院(じゃっこういん)という知名度の高い古刹があり、バス停からの参道も含めて美しい紅葉が楽しめます。

三千院門跡の広いお庭でたっぷりと美しい紅葉を堪能したら、その奥にある宝泉院と実光院にも参詣してみて下さい。

 

大原・宝泉院の紅葉

大原・宝泉院の紅葉。紅葉のピーク時はライトアップも楽しめるとのこと(2007年12月1日撮影)

宝泉院Yahoo! 地図情報)は、大きく開いた縁側の向こうに広がるお庭の紅葉をお抹茶と京菓子を頂きながら眺めることができますし、実光院では庭になる柿や紅葉と共に不断桜と呼ばれる小さな桜の花を見ることができますよ。

※実光院の不断桜については、こちらの記事にまとめています。

 


鞍馬~貴船:里よりちょっと早い紅葉、電車でくぐり抜ける紅葉も

鞍馬寺の紅葉

鞍馬寺の紅葉(2009年11月21日撮影)

大原の西側の山を越えた所にあるのは鞍馬(くらま,Yahoo! 地図情報)。

奈良時代の創建で、参拝客向けに境内の坂道をショートカットするケーブルカーも持つ鞍馬寺は、京都市内の中心部より一足早く紅葉が色づきます。

石段と坂道が続く境内のあちらこちらで様々な紅葉を楽しむことができますよ。

 

貴船神社・奥宮の紅葉

貴船神社・奥宮の紅葉。山門の向こうには「貴船もみじ灯篭」の灯りが見えています(2009年11月21日撮影)

鞍馬からハイキングコースで山越えすることもできる西隣の貴船(きぶね,Yahoo! 地図情報)は夏の川床でおなじみですが、秋は紅葉に彩られます。川の水のせいか、鞍馬よりも早い時期に色づくことが多いようです。

水占みくじでも知られる貴船神社を中心にして、夕暮れ以降は「貴船もみじ灯籠」という夜のイベントも楽しめます。幻想的な風景は訪れた人の心に強く刻まれることでしょう。

 

叡山電車で通り抜ける紅葉のトンネル

叡山電車の紅葉のトンネル。夜は車内の照明を消して、ライトアップした紅葉の中を通過していきます(2009年11月21日撮影)

また出町柳から鞍馬、貴船へのアクセスを担う叡山電車にも、素敵な紅葉スポットがあります。それは叡山電車の市原-二ノ瀬間。

この区間は紅葉の中を縫うように電車が走っており、夜はライトアップされた紅葉の中を車内照明を消した電車から眺めるここだけのイベントも楽しめます。

真っ暗な電車から眺める紅葉は幻想的な雰囲気に包まれていますよ。

 

八瀬:川辺を彩る紅葉・黄葉と紅葉が飾る庭を楽しむ

八瀬比叡山口駅の近く、高野川を彩る紅葉(2012年11月23日撮影)

八瀬比叡山口駅の近く、高野川を彩る紅葉

八瀬・瑠璃光院の紅葉

八瀬・瑠璃光院の紅葉(2010年11月27日撮影)<2014年秋より一般公開休止中>

大原へ向かう際の中継ポイントでもある八瀬。叡山電車の八瀬比叡山口駅(旧 八瀬遊園駅)があり、叡山ケーブルに乗り換えて比叡山延暦寺へ行くこともできます。

そんな八瀬にある瑠璃光院(るりこういん)は春と秋に限定公開されていたお寺で、瑠璃の庭と呼ばれる美しい庭を飾る紅葉・黄葉を楽しむことができましたが、文化財保護のため惜しくも2014年春をもって一般公開を休止しています。

しかし八瀬比叡山口駅周辺を流れる高野川のまわりには錦秋の言葉がふさわしい鮮やかな紅葉・黄葉が広がっており、必見の風景と言えるでしょう。

蓮華寺の紅葉(1)

蓮華寺の紅葉(2012年11月23日撮影)

また八瀬比叡山口駅の手前、三宅八幡駅の近くにある蓮華寺(れんげじ,Yahoo! 地図情報)では、見応えのある紅葉・黄葉が楽しめます。

門をくぐると目の前には境内を包み込む紅葉が広がっていて、その美しさにまず驚きます。

 
蓮華寺の紅葉(2)

蓮華寺の本堂より紅葉が彩る庭を望む(2012年11月23日撮影)

そして本堂の中から眺める紅葉が彩る庭は、まさに絵のような風景。小さなお寺ということもあり、ゆっくりと紅葉・黄葉を愛でながらお詣りすることができますよ。

 


続いては、京都屈指の紅葉スポットが集まる東側をご紹介していきます。次ページをご覧下さい。