これを言われているのにアプローチするのはストーカー予備軍

「友達として仲良くしよう」とすでに言われているのにまだ好き好き攻撃をしている。
  • 「ビジネスパートナーとして頑張ろう」とすでに言われているのにまだ好き好き攻撃をしている。
  • 「異性として見れない」とすでに言われているのにまだ好き好き攻撃をしている。
  • 「好きな人いるんだ」とすでに言われているのにまだ好き好き攻撃をしている。
  • 「ごめんなさい。期待にそえない」とすでに言われているのにまだ好き好き攻撃をしている。
  • 「いまいそがしいの」と2回以上断られた状態なのにまだ好き好き攻撃をしている。

さて、ではもしこうなってしまったらどのように自分の心の在り方を整えればよいのでしょうか?

 

こういうセリフで自分の重さを散らしてください 

・「またみんなで遊ぼうよ!」と「みんな」という言葉を使う。
・「今度みんなで飲み会しない?一緒に幹事しようよ」と「幹事」という「公共ボランティア」に誘い、みんなのために働く。
・「今度○○に一緒に行かない?」と目的地をはっきりさせ、その目的のために誘うという「ついで感」を醸し出す。
・「最近どうしてるのよ~?」だけのメールや電話をする。あくまで友達モードに終始する。

また突っ込みトークをしたり、いじりトークをしたり、すこし「斜めに構える」ことでもあなたの重さを軽減することができます。

さあ、いかがでしたか?ついつい重くなってしまいがちな方に、ご活用頂けましたら大変幸いです。重いと異性から思われると、他にどんな魅力があってもそれを台無しにしてしまいます。酸欠状態にしてしまい、相手が苦しくなってしうんですよね。もうすこしだけ風通しを良くする。それが今後のあなたの課題かもしれません。あなたの恋が叶うことを祈っています!どうぞ朗報をお聞かせください。

[関連リンク]

頼れる男は女が惹かれるオーラがある 著:潮凪洋介

反省しすぎなあなたに贈る失恋リカバリ術

アラフォー結婚 9つの条件
 




■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。