編み方がポイント!バングル風ビーズブレスレット

丸小ビーズの四つ編みブレスレット・作り方解説

フラットなバングルタイプなので、邪魔にならず、付け心地もばっちり!

丸小のシードビーズをきっちりと編みこみ、美しい模様を描き出したブレスレット。
おなじみの三つ編みではなく、「四つ編み」で作るので、他ではあまり見かけない新鮮な印象になりますよ。

このレシピの最大のポイントは、何といっても「色選び」。組み合わせによって印象がガラリと変わるので、じっくりと吟味して選んでくださいね。
 

丸小ビーズの四つ編みブレスレット 材料&レシピ

難易度:★★★☆☆
所要時間:★★★★☆
サイズ:約15cm(連バー・アジャスター部分含まず)
  • 丸小ビーズ グリーン系4色……各適量※
  • テグス 2号 透明…120cm×4本
  • 4連バー……2個
  • 丸カン 0.7または0.8×5mm 古美金……4個
  • カニカン・アジャスター……各1個
連バーとつなぐ部分です

連バーとつなぐ部分です

1.丸小ビーズでビーズコードを作る。
テグス中央に図のように丸小ビーズ5個通し、交差して「わ」を作る。
 
長さは好みで変えてもOK

長さは好みで変えてもOK

2.左右のテグスをさきほど作った「わ」にもう一度くぐらせて出し、赤で記したテグスに丸小ビーズを通す。20cmくらいの長さになったら、先をテープなどで止めて休ませておく。
 
わの周りに隙間ができないよう注意して

わの周りに隙間ができないよう注意して

3.もう片方のテグスにも丸小ビーズを通し、休ませておいた赤テグスと新たな丸小1個で交差して、図のようにテグスを回す。
 
通しにくい時はピンセットを使うと◎

通しにくい時はピンセットを使うと◎

4.左右のテグスをすでに通した丸小に、図のように通す。余ったテグスは切る。
他の3色でも同じものをそれぞれ作る。
 
丸カンは0.8mmでもOK

丸カンは0.8mmでもOK

5.連バーに4までの工程で作ったビーズコードを丸カンで付ける。
 
判りやすいよう異なる4色で表現しています。

判りやすいよう異なる4色で表現しています。

6.四つ編みを編む。右端のコード(D)を隣のコード(C)の上・さらに隣のコード(B)の下・左端のコード(A)の上に出す。
 
なるべくきつめに編むよう意識して

なるべくきつめに編むよう意識して

7.同様に、右端に来たコード(C)を、隣のコード(B)上・さらに隣のコード(A)の下・左端に来たコード(D)の上に出す。
このとき、右端に来たコード(C)以外を、なるべく右側に寄せると編みやすい。
 
3~4目編むと形が安定してきます

3~4目編むと形が安定してきます

8.以下同じように、右端に来たコードを隣のコードの上・下・上に出すことを繰り返すと、四つ編みになる。
編んでいる間、4本のコードの長さに極端な差が出ないように注意すること。
途中で形を整えながら、バランスよく、なるべくきつめに編む。
 
編み目がほどけないよう慎重に

編み目がほどけないよう慎重に

9.編み終えたら、端を丸カンで4連バーにつなぐ。全体をねじったり、しごいたりして、綺麗な編み目が出るように微調整する。
 
好みでマンテルやホックでもOK

好みでマンテルやホックでもOK

10.両端に丸カンでカニカンとアジャスターを付ける。
 
手首に沿うフィット感がGood!

手首に沿うフィット感がGood!

完成!
全体の形を整え、完成。
 
少しくすんだ色でシックに

少しくすんだ色でシックに

アレンジ
可愛らしいピンク系。深い色やマットな質感をミックスすることで、大人っぽく仕上がりました。

ビーズコードは編んでいるうちに歪みやねじれが出やすいので、ひとつひとつの工程を丁寧に行ってください。一度で上手くいかなくても、何度か挑戦すればコツがつかめると思います。
本金ビーズやスリーカットなどを混ぜると、さらに高級感がアップしますよ。
あなたらしいアレンジで、身近なシードビーズの魅力を再発見してみてください!

【関連記事】

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でビーズを見る

Amazonでビーズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。