ステップ2:浴室の隅のカビ、ヌメヌメ、まるごとお掃除しましょう!

浴室掃除って、念入りにやると案外結構な大仕事。でも今回のシッカリ掃除の合言葉は、「放置」?! そう、実作業はほんのチョッピリです。


 

浴室まるごとデトックス掃除の手順


    小物はどけておきましょう

    何かと増えていく小物類は、前もってどけておきましょう

  1. 石けんやシャンプーなど、浴室内の小物はとりあえず別の場所に撤去します

  2.  
    泡でシッカリ覆います

    泡で汚れた部分をシッカリ覆います

  3. 壁や目地、排水溝などの気になる黒カビや、赤茶色いヌメヌメ汚れに、「カビ取り洗浄剤」をスプレーします。このとき、ちまちまと弱くスプレーすると、垂れやすいので注意。思い切りよく「シュッ!」とシッカリ吹き切ると、硬く泡立ち、カビや汚れにピッタリ付着します

  4.  
    隅っこの、このカビが…

    隅っこの、このカビが…

  5. 泡のまま5分~10分ほど放置します

  6.  
    すっきり消えています

    すっきり消えています

  7. シャワーなどであまり水はねしないよう注意しながら、泡をしっかり濯ぎます

  8.  


あれこれこすったりほじったりせず、「シュッ!」これだけ。カビ取りは、「今日は排水口だけ」のように、ピンポイントで毎日「シュッ!」で、済ませてしまえそうです。

また、シッカリ硬く出した泡はクリームデコレーションの要領で「延ばす」ことができます。洗剤分をよく濯いで絞った風呂掃除用のスポンジなどを使い、壁や洗い場の床などには延ばして塗布しましょう。こうすることで、少量でも「大腸菌」や「緑膿菌」といったバイ菌を殺菌する効果が期待できますし、経済的!

いずれも、全然がんばってないのに、見えないところまでしっかりキレイにできるお掃除。思い立ったら吉日のごとく、是非試してみてくださいね!



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。