9月から10月に楽しめる花その1:彼岸花

■葛城古道一帯
九品寺

九品寺付近の彼岸花の丘

葛城古道は金剛山と葛城山の麓を南北に走る山裾の道で、奈良でも、もっとも歴史が古いと言われるエリア。古代から続く神社が点在しています。まったく観光地化されておらず、歴史に興味がある人が歩くマニアックな道ですが、いろいろ発見があって面白いです。とりわけこの季節は、あちこちで彼岸花が咲き乱れ、まるで、真っ赤な絨毯のようです。九品寺付近では、彼岸花の丘の上から市街地が望めます。一言主神社参道あたりの田んぼのあぜ道も、鄙びていてとてもよい雰囲気です。
一言主

一言主神社の参道

葛城古道の詳細情報


■飛鳥の棚田
稲渕の彼岸花

飛鳥、稲渕の彼岸花

飛鳥には棚田が多く、そのあぜ道に彼岸花が咲く季節になると、全国からカメラマンがやってきます。特に、石舞台の先の稲淵というところの棚田が見事。
稲渕の詳細情報

■飛鳥の石舞台
石舞台

石舞台の白い彼岸花

蘇我馬子の墓とも言われる石舞台古墳。こちらは赤ではなく、白い彼岸花が咲きます。
石舞台の詳細情報

※ ご注意!
花の見ごろは年によって違います。たとえば彼岸花は、一般に9月中とされますが、2010年は少し遅く、わたしが10月初旬に訪れた際が満開の状態でした。確実に花を見たい方は、事前に先方の役所の観光課などにお問い合わせください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。