秋の奈良、花めぐり

畝傍

大和三山のひとつ、畝傍山とコスモス

「神社仏閣めぐりの一番の目的は仏像」という人が多いけれど、実は、境内やその周辺、古墳などを彩る季節の花も、見逃せないポイントです。

また、花めぐりというと、京都や鎌倉を思い浮かべる人が多いですが、わたしは、おおらかな風景の中に咲き乱れる奈良の花が一番好き。とりわけ、飛鳥や橿原(かしはら)などを自転車で走りながら、穴場のポイントを探すことが多いです。ということで、今回は秋の奈良の花の名所をご案内したいと思います。


8月下旬から10月まで見られる花:ホテイアオイ

■本薬師寺跡
ホテイアオイ

本薬師寺跡のホテイアオイ、10月初旬撮影

現在の薬師寺は奈良市内の西ノ京というところにありますが、最初に建てられたのは今の橿原市で、その後、平城遷都に伴って現在の場所に引っ越したのです。橿原市は、平城京より前に、藤原京という都が置かれた場所です。もともと薬師寺があった場所は、「本薬師寺跡」と呼ばれ、今は建物の礎石しか残っていません。そこに地元の小学生たちが、ホテイアオイを植えました。10月中旬ごろまで比較的長期間楽しめますが、開花状況は毎日変わるので、チェックが必要。
本薬師寺跡の詳細情報


9月に見ごろを迎える花:萩

■白毫寺
萩

萩の花が、秋の古寺に風情を添えます

高円山のふもとにあり、境内からの展望が大変すぐれています。奈良公園から徒歩でも行けますが、観光の中心地から少し離れているせいか、人も少なめで、雰囲気もよし。石段の周囲の白と赤の萩が、実に美しい。そのほか、元興寺、新薬師寺、唐招提寺なども萩の名所です。
白毫寺の詳細情報