1969年に誕生したカルティエの「LOVE」コレクション。愛する人の腕をロックアップするという斬新なスタイルで登場した最初のブレスレットは、当時カルティエ ニューヨークのデザイナーを務めていたアルド・チプロによって考案されたものです。古代ローマの伝説などをモチーフに、戦士の妻たちが身に着けていたとされる“貞操帯”からジュエリーを発想。プレゼントされたジュエリーをただ身に着けるのではなく、2ピースに分解されたブレスレットで愛する人の手を“ロックアップする”という小さな行為に、チプロは大切な愛の意味を込めたのです。

愛し合う者同士の信頼と愛を象徴するものとして誕生した「LOVE」ブレスレットはその後、エリザベス・テーラーとリチャード バートンなど、多くのビッグカップルたちに愛され、ブレスレットからネックレス、リングなど多くのアイテムを生み出し、デザインにおいても幅広い発展を重ねてきました。

“LOVE”ネックレス/18Kホワイトゴールド×ダイヤモンドundefined47万6700円

“LOVE”ネックレス/18Kホワイトゴールド×ダイヤモンド 47万6700円


写真はホワイトゴールドとダイヤモンドのホワイトコンビネーションが美しいネックレス。ビスモチーフをあしらったリングとフルパヴェのリングが立体的に絡み合っています。ビスとふたつのリングをモチーフにさまざまな可能性を生み出してきた「LOVE」コレクション。今秋にも、動きを楽しみたいエアリーな新作が登場する予定。新たなるクリエイションがますます楽しみです。


■問い合わせ
カルティエ カスタマー サービスセンター
TEL:0120-301-757
http://www.cartier.jp/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。