基本的には母乳ケアは不要

出産前からの母乳ケアについて、病院や医療者によって様々なことを言われていますが、基本的には妊娠中におっぱいや乳首をケアする必要はありません。乳房をマッサージしたり、乳首をこすったり引っ張ったりすることが有効であるという根拠はありません。WHO/ユニセフでも、妊娠中のこうした乳房や乳首のケアは、役にたたない習慣として、推奨をしていません。

妊娠中の初乳をしぼっておくと、おっぱいがよく出るようになるとか、逆にしぼらないと乳管が詰まってしまい乳腺炎になってしまうと心配するママもいますが、その根拠もありません。

触ってはいけないとはいいませんが、基本的には、妊娠中のオッパイは何もせず、そのままでいいと考えてください。ただし、乳首が陥没してたり、扁平の場合は、助産師さんに見てもらうようにしましょう。

忘れてしまいそうですが、私たちは哺乳類なんです。牛さんや豚さんは、おっぱいのケアはしてなさそうなのに、おっぱいでトラブルがあるような印象はありません。なんで人だけ、そんなに手をかける必要があるんだろう……。お産はしょうがないにしても、おっぱいは、まだそのままでいいんじゃないかと思います。


編集部より:竹内正人先生に相談にのってもらいたい悩みをお持ちの方は、下記のフォームからメールをお寄せください。なお、すべての相談にお答することができない場合もありますが、あらかじめご了承ください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。