窓用フィルムの選び方

フィルム

透明のものからミラータイプなど様々な種類があります

夏の節電方法はいろいろありますが、窓をどうにかしたいと考えている方にオススメなのが窓用フィルム。窓からの日差しを遮ってくれるので、エアコンの効率も良くなります。窓用フィルムといっても、その種類がかなり多く、ガラス飛散防止の防災用フィルムや目隠し用フィルム、遮熱フィルムなどさまざまです。

 
柄

柄もいろいろな種類があります

レース柄やステンド柄や貼ってはがせるタイプもあります。窓ガラスによっても貼れるものと貼れないものがあるので、まず貼りたい窓ガラスがどんなガラスが確認してみましょう。

 


適合

パッケージのものは凹凸用フィルムです

透明のガラスは貼れる種類も一番多く、透明タイプやミラータイプのフィルムなどいろいろなタイプが選べます。凸凹ガラスは、凸凹用は白っぽい色がついているタイプや柄の入っているフタイプになります。網ガラスも表記があるものを選んでください。それ以外のタイプを貼るとガラスが割れてしまうことがあるので注意が必要です。透明ガラスに凸凹用を貼ると、粘着が強すぎて剥がしづらくなります。パッケージに適合表の記載がありますので、確認してみましょう。

窓

手を窓につけるとシルエットがはっきり写ります

凹凸ガラスで網が入っているタイプの窓に凸凹用目隠しフィルムの例です。浴室の窓に使う用途が多いフィルムですが、室内で使用することも可能です。


 
窓貼り

手を窓から離すとほとんどシルエットがわかりません

フィルムを貼る前ははっきり見える手もフィルムを貼るとほとんど見えなくなります。窓全体は白っぽくなりますが、、室内が暗くなる訳ではありません。


 

では、フィルムの上手な貼り方をご紹介しましょう >>