優しい和紙の灯り 

自由が丘・奥沢の教室

写真1.自由が丘・奥沢の教室

アトリエPAPERMOONは、冬野朋子氏が主宰する和紙を使った灯りを作る教室です。教室では、初めは、安全に作るコツを学びながらいくつかの作品をつくり、そのあとは、自由にデザインを考えてつくることができるそうです。

自由が丘・奥沢にある教室以外でも、カルチャーセンターや出張教室、イベントなどでも教えているそうです。また、スタンドやペンダントなどオリジナルのものをオーダーすることも可能です。

 

オリジナルのペンダント器具

写真2.オリジナルのペンダント器具

今回は、自由が丘・奥沢の教室にお邪魔して、体験レッスンをしながら、冬野さんが灯りの教室を始めたきっかけなどもお伺いしました。

もともとは、広告関係のお仕事をされ、照明やデザインではない分野にいらっしゃったそうですが、海外に滞在した際に、外国の方から日本の文化について聞かれる機会が多く、改めて日本の文化や良さを考えるようになったそうです。そこで、気が付いたのが和紙の魅力。

その後、会社を退社し、和紙の魅力を最大限に生かす灯りを作ろうと、照明器具やデザインについて学び、この教室を開かれたそうです。
和紙を使ったスタンド器具

写真3.和紙を使ったスタンド器具

次の頁では体験レッスンの様子をご紹介します。